スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使

失業中の夫には、小遣いを渡していない。

「煙草を買いに行く」と言う夫に、
一日おきに5百円玉を一枚渡している。

「煙草」は「酒」に化けることもあるだろう。
疑い出したらきりがない。

ワンコイン、高が知れている。
酒を優先すれば、煙草は買えない。
節酒の道を模索する愛煙家には、丁度いい金額だ。

ところが、そのバランスが崩れた。

夫の誕生日から数日経った日、私の留守中、
別居の息子が訪れて、夫にプレゼントを渡したのだ。

「ママと一緒に旅行にでも行ってね」

再就職したばかりの息子が差し出した5万円を、
夫は躊躇なく受け取ったようだ。

そして、その現金が仇になった。

夫の誕生日プレゼントなので、
取り上げる訳にもいかず……。
以後、その金は、もちろん夫の酒代へと変化。

飲む飲まないは自己責任なので、
夫の隠れ酒を無視して来たが……。

大量のアルコールが悪さして、
深夜、ベッドから落ちての大騒音。
トイレまでたどり着けずに失禁。
騒がしい夜が再来している。

飲まない生き方を選択できずにいる夫は、
死神にとりつかれているようにも見える。

夫の今にも消え入りそうな弱々しさが気掛かりで、
離れるタイミングを逸してしまった私。。。。。。

夫のこれまでを振り返ってみると、
何度となく危険な場面に出くわしても、
なんとか乗り切って、生きているのだ。
夫は強運の持ち主で、
案外、長生きなのかもしれない。

元気な振りをしている私の方が、危ないかも。。。

当てにならない夫を当てにすることなく、
家事全般を一人でこなして、その合間にお仕事。
そのまた隙間で依存症家族の会に顔を出し、
講演を聞いたり、ボランティアもちょこっと。
私ばかり忙しすぎる。
これじゃあ、夫より先に私があの世行き!?

まあ、それでもいいかな。
半世紀以上生きて来た年齢を思うと、早死ではないし……。
何より、夫の病気を思い煩うことから永遠に解放される。

進展しない現実から逃げたがっている私がいる。

029.jpg

元気が足りてない時は、天使と戯れる。
そして、しあわせ感を充電している。


月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。