fc2ブログ

大切なもの

私の母は、酒が飲めなかった。
父に勧められて、ビールを一口飲んだだけで、
真っ赤になり、フーフー言っていた。

「女は酒が飲めない。酒は男の飲物」と、
子ども心に思っていた。

だから、夫と付き合うまで、
私は酒を飲んだことがなかった。

大学のサークルのコンパで、
夫は、楽しそうに、酒を飲んでいた。
他の男子のように、酔い潰れたり吐いたりすることなく、
きれいな飲みっぷりだった。

それは、それは、美味しそうに飲むので、
「本当にお酒が好きなんだなあ」と思った。

酒の味が気になって、ある日、いっしょに飲んでみた。
恐る恐る、口に入れたのだが、
母のように真っ赤になることもなく、
気が付けば、1升瓶が空に……。

どうやら、酒豪の父の血を受け継いでいたようだ。

母の代わりに、
父の酒相手が出来たかもしれないのに……。
残念だ。
父は、胃癌のため43歳で、他界していた。

こうして、私は、
夫の酒相手に収まり、呑兵衛街道まっしぐら。。。。
酒に翻弄される人生の幕開け???

夫は大酒飲みだが、
酔って、家族に暴力を振るうことはなかった。

酔っ払い特有の話のくどさはあったが、
飲むだけ飲むと、寝てしまうので、
夫の大量飲酒は、大体が放任状態だった。

夫の飲むスピードがあまりにも速くて、
その給仕に追われ、
こちらは、落ち着いて飲んでいられなくなり、
初めて、夫の飲み方の異常さに気付いた。

何度も、飲み過ぎを注意したが、
既に、私も飲み過ぎているので、説得力がなかった。

長年の大量飲酒による弊害が、体のあちこちに表れて、
病院に駆け込むと、酒を抜く治療を勧められ……。

目の前にある体の痛みから、逃れたい一心で、
夫は、紹介先の専門病院での入院を受け入れた。

だから、体の調子が回復すれば、
また、酒を飲みたくなってしまうのは、予測ができた。

でも、家族思いの夫は、
きっと、「飲まずに生きる道」を選んでくれるだろう。
そんな淡い期待もあったが……。

気が付けば、酒は夫の体内に収まっていた。
飲めば、体は絶不調へと急降下。。。。。

あの入院から、ちょうど、2年が経ち、
今、夫は、より進化した痛みに包まれて、
自暴自棄になっている。

夫が、何よりも、酒が大好きで大切なものと、
頼りにしていたのは、知っている。

でも、命はもっと大切だ。

大切な命を守るために、
大切に思う酒を捨てなくてはいけない。


夫は、ぎりぎりの決断を迫られている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
依存症予備軍!?
猫舌の呑助です。。。。。

ランキング
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ