呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
娘の引っ越し祝いで、一時、飲酒したが……。

自宅での酒解禁は、大量飲酒につながるので、
何としても、阻止したい。。。。。

食卓に「アルコールは不要」を貫き、
夫の隠れ飲みにも、そ知らぬふりを通した。
                                 
2012年、元旦、
ささやかなおせち料理は並べたが、
もちろん、酒の用意はしなかった。

新年の朝、夫は、日本酒のワンカップを
遠慮がちに、私に差し出した。

夫が発病する前のお正月の風景は、
朝酒で乾杯が恒例だったが……。

もう、飲酒してはいけない体なのに、
まだ飲めると思い込んでいる夫。

そんな夫を責める気にもなれず、
私は、重い心で、お燗した。

夫が口にするアルコールが、
ちょっとでも、少なくなるよう……。
私は、新年早々、憎い酒を進んで飲んだ。

そんな小細工は、何の問題解決にもならない。

何とも、暗雲が垂れ込める、
一年の幕開け!?だった。

そして、その通りのことが起こった。。。。。

【2012/07/18 12:13】 | 病的な飲酒
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可