呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
熊本で生まれ育った夫の父親は、
焼酎を肌身離さず持ち歩く、酒飲みだった。

酒癖が悪く、夫婦喧嘩が絶えない家庭で、
夫は育ったと言っていた。

東京の私大に進学し、家を出ると、
卒業後も、そのまま、東京で就職し、結婚した。

「父ちゃんみたいに、なりたくない!!」

夫が父親を嫌うので、
遠方であったこともあり、あまり交流がなかった。

2002年、3月、
父親は、運転していた車を駐車するため、
いったん停車した所で、意識を失って……。
助手席の母親が慌てて救急車を呼んだそうだ。

その時、アルコール臭が、かすかに漂っていたらしい。

病院へ行ったが、脳の血管が切れて手遅れ……。
半日後に亡くなった。

毛嫌いしていた父親の葬儀を済ませると、
夫は、何かが吹っ切れたようだった。

今、思い返せば、
この頃から、夫の酒の飲み方が荒くなったのだった。

「眠れないから。。。」と、深酒するようになり、
酒で身体がどんどん壊れていった。

目覚めの一服。そして、迎え酒。
父親ゆずりの飲み方だった。。。。。

退院後、「眠れない」は、
睡眠導入剤を数種類処方してもらっているので、
大丈夫なはず。

なのに、隠れ酒が止まらない。。。。。。

「飲む飲まないは、全て、依存者に任せて、
 一切タッチしないようにする

夫が、再び「どん底」を体験し、
本気で酒をやめる日が遠くないことを祈りながら……。

私は、傍観者の立場を続けていた。


【2012/07/15 10:49】 | 病的な飲酒
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可