癒しのネコ

入院治療を望んでいたのに、
たった一日で終了してしまった夫。

取り敢えず、飲まずに丸一日過ごせたのだ。
そのまま、飲まない日々を追加していけば、
身体はだいぶ楽になるのに……。

一昨日までは、飲酒三昧だった自宅に帰って来たのだ。
自力で飲まない選択が出来るはずはなく……。
病気は全開。
安価な酒瓶を抱えて、ひたすら飲む。

想定内のことなので、
飲酒を咎めて事を荒立てるような徒労はしなかった。
素知らぬ振りをして、私は淡々と仕事と家事を続けた。

夫は飲みながら、身の振り方を考えたようで……。

私の留守に、別の依存症治療の病院に電話して、
初診外来予約を申し込んでいた。

その後、とんとん拍子に事は運んで、
夫はその病院に入院することが出来た。


014.jpg

ここにも、癒しのネコがいた。

「パパの話し相手になってあげてね」

夫を病院に預けたことで安堵した私は、
しばらく、ネコを撫でまわし……。
小さな小さな幸せを噛みしめていた。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆ…様

孤立しがちな私に、
いつの時もそっと道を印して下さり、
本当にありがとうございます。

「あわてず、あせらず、あきらめず」
ゆ…様と共に歩んでいるという思いが、
私の励みになっております。

ご主人様のご回復、ゆ…様のご健康、
祈らずにはいられません。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゲ…様

お気遣い下さり、本当にありがとうございます。

「…早く別れればいいのに…」は、正しい見方です。
私の中でも、一緒にいる理由よりも、
別れた方がいい理由がたくさん浮かびます。

「…私達が思う程、相手は思ってない…」
これも、実感しております。

肩透かしされたような感覚は常にあります。
病気とはいえ、本当に悲しくなります。。。。。

私はアル中元旦那を途中で見捨てました。凄く辛かったです。これから彼を支えるのは、高齢の両親かぁ。などと思いました。今は捨てる選択肢が間違えではなかったと感じています。辛いコメントが来て傷つく事もあると思いますが、今なら分かります。正論です。私も元旦那といた時は、何でこんな事を、言うの!酷い!って思ってましたが、当たり前の事なんですよね。病気だからって人を傷付けては良い。なんて事はないんです。小吉さんの本心は分かりませんが。全て分かっていると思います。ご主人を最後まで看るつもりでしょうね。何と言って良いのか分かりませんが、小吉さんの気持ちは痛いほど分かります。辛いですよね。体には気を付けてくださいね。いつか幸せは来ますから。

ゲン子様

私の胸中をお察し下さり、ありがとうございます。

入退院を繰り返す夫を長いこと見続けていると、
どうしても、気持ちの揺らぎが出てしまい、
弱気になっている自分がいます。

ただ、出来ることを全てやり尽くした感がなく、
まだまだ、やれることがあるような気がして、
大きな決断は先送りにしております。
Secret

Welcome !

マウスで見る方向変えられます

カウンター
プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
麦酒以外の酒をたしなむ
猫舌の呑助?です。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク