スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半狂乱

酒に飲まれた状況を自力で打破することは、
もはや不可能。

夫は近場の神社仏閣を詣でて、
他力本願の日々を送っていた。

「便箋と封筒ちょうだい」

夫の唐突な申し出をいぶかしく思い、
遠目に様子を見守る。

筆不精の夫に手紙は似合わない。
いったい何をしたためているのだろう。

夫は、書きかけの便箋を細かに破り捨てて、
新しく書き直していた。

ゴミ箱行きの紙切れが気になって、
夫の留守に拾い集めてしまった。

ジグソーパズルの感覚で組み立てていく。

なんと、夫は遺言を書いていたのだ。

どうやら、夫は、故郷の海に飛び込むらしい。
自分の生命保険金は息子と娘にあげる。
遺骨の処理の仕方も指示してあった。

アルコール依存症も進行しているが、
鬱の症状も色濃く出ている。

郷里での暮らしは中止になったばかりなので、
いつ決行するか不明だが……。

再度、性急な入院治療が必要になった。

そんな中、息子が書置きを郵便受けに忍ばせて、
いなくなってしまった。

封筒の表書きは「遺書」。
親への感謝と先に逝くことへのお詫び、
自分の生き辛さを丁寧な字でしたためてあった。

1か月ほど前に転職し、
将来への希望を明るく語っていたのに……。

3年ほど前に家を出た息子は、一人暮らしをしている。
あまり、実家には顔を出さないが、マイペースでやっている。
そんな風に、悠長に構えていた私は、パニック状態に……。

「死んじゃうよ。 あの子が一人で死んじゃうよ。
 何とかしてよ。 父親でしょ。 助けてよ

飲んだくれている夫を半狂乱で責め立てていた。

スポンサーサイト

息子の置手紙と私の混乱は、
夫の酒量をさらに上げることになり、
連日、失禁が繰り返された。

部屋の此処かしこがトイレと化し、
アンモニア臭が鼻を突く。
右腕上腕部を4か所骨折して、
利き手の自由を奪われている夫は、
自身の粗相の後始末が出来ない。
嫌がったが、パンツ型の紙おむつをはいてもらった。

息子のことは、地元警察にお願いした。
行方不明のまま、丸1日経った夜、
名神高速を車で走行中の息子が保護された。

知らせを受けた私は、最終新幹線に飛び乗り京都へ。
そこから在来線に乗り換えて、
息子の保護先(滋賀県)まで迎えに行ったのだが…。

息子を連れ帰ることが出来なかった。

夫の生家の跡地へ行くという、息子の意志は固い。
この春、息子は30歳になった。
未成年でない彼の行動を親が止めることは難しい。
彼の気が済むようにさせるしかなかった。

深夜、私を駅前のビジネスホテルに預けると、
息子は熊本へと旅立ってしまった。

「一人になりたいんだ。一人で考えたいんだ。
 死なないから、大丈夫だよ

「帰る」と約束した息子を信じるしかなかった。

死にたい病は、しばらく私にも取り憑いた。
全てが面倒臭くて、どうでもよかった。
3人で死ぬのもありかなと思えてしまい、
慌てて打ち消す日々だった。。。。。。。
P1070111.jpg

なんとか、夫の入院日が決まった。
相前後して、
10日余りの旅を終えて、息子が帰って来た。

問題は山積されている。
出来ることから、片付けていく。

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。