スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪態

5泊6日の入院で、がんセンターを退院。
すこぶる順調な回復と言える。

退院した日は、自宅で過ごし、
翌朝、元の病院に再入院することになっていた。

束の間の自宅滞在。
自室にいる時も出た時も、ほんの少しの間でも、
夫は部屋の出入り口の引き戸を閉め切っていた。
それは、私の目を遮断するかのような徹底ぶりだった。

でも、引き戸の開閉時に、薄っすらと煙草臭が届き、
夫の自室での様子が何となく想像できた。

喫煙は飲酒を誘発する。
飲まずにいられるのだろうか。

「また入院、やだなぁ~」
「そうだねぇ~」
「面倒くせぇなぁ~」
「そうだねぇ~」
「行きたくねぇなぁ~」
「そうだねぇ~」

ゆるく同調するだけの私の答え方に、
今は入院以外に道はないと観念したようで……。

翌朝、夫は渋ることなく、病棟に戻って行った。
入院生活の中で、飲まない日を積み上げて行く。

がん治療は一段落したのだ。
今度は、アルコール治療の番だ。

入院はあと1か月半ほどなので、
何とか無事に乗り切ってくれるだろう。
漠然とそう信じている自分がいた。

夫の病状を甘く見ていた私は、
本当にお目出たい人間としか言いようがない。

土曜の夜10時近く、
入院先の当直医から電話がかかって来た。

再入院から2週間足らずで、
夫はまたしても、やらかしてくれた。

夜8時過ぎ、病室を抜け出し、
酒屋の自販機で酒を買い、飲んで来たらしい。

9時頃戻った夫は、病室のベッドに腰掛け、
平然と煙草をふかしていたそうだ。
病院敷地内は全面禁煙なのだ。

看護師が問い掛けても無視。
当直医にも黙秘。

夫は鍵のかかる反省室に入れられた。
月曜日に主治医が面談し、
今後のことを決めるから……と、
一方的に伝えられ、電話は終わった。

当直医の険しい話し方からも、
病室での夫の悪態が想像できた。

再入院後、急激に物忘れが多くなった夫は、
言動もかなりおかしかったようで、
要注意人物になっていたのだ。

「強制退院」というワードが
すぐに浮かび、私は絶望した。

また、飲んだくれの日々が始まる。
回復は完全になくなった。
またまた、奈落の底に落とされた。

壊れたままの夫と一緒に暮らせるのだろうか。
裏切られた感が込み上げる私が、
夫を支援することなど出来るのだろうか。。。。
スポンサーサイト

道連れ

問題行動を起こし、反省室で過ごした夫は、
主治医の配慮で、かろうじて強制退院は免れた。

病棟の出入口が施錠されている、
半開放病棟へ転棟することで、入院は続行された。

重症である印の赤バッチを胸に付けた夫は、
外泊訓練は禁止で、散歩も売店に行くのも、
看護師同伴でないと許可が下りない。

看護師は常に忙しくしているので、
夫は自分の都合を言い出せず、
じっと病室に籠っているという。

「何も出来ない。退屈だ。家に帰りたい」

行動の自由を制限された夫は、ぼやいていた。

「何もしないで、静かに過ごすことが、
 今のパパに一番必要な治療なんだと思うよ。
 癌を退治したばかりだし……。
 ゆっくり身体を休ませてあげようね」

夫の身体を気遣いながら、
実の所、自分がゆっくり身体を休めていた。

私は、穏やかな一人暮らしを謳歌していたが、
夫は、飲みたくて飲みたくて仕方がなかったのだろう。

夫を見舞い、病室のテーブルの隅に置いてある
ノート型のカレンダーを見て、思わず絶句した。

日々のメモ書き用スペースは、もれなく、
「のまない」という文字の繰り返しで埋まっていた。

そして、退院予定日を境に、
「のまない」の記載はなくなり、空欄に……。

退院したら、飲むつもりなのだろう。。。。。

007.jpg

私の予想を裏切ることなく、
夫は退院後、すぐに飲酒再開した。
入院前と同じように、自室でこっそり飲んでいる。
足掛け5か月に及ぶ入院生活は、何だったんだろう。

アルコール依存症についての書物や家族会で、
夫の回復をイメージし、モチベーションを上げて来たが……。

執拗なまでに酒に執着する夫は、
酒に呑まれて人生を終える道を突き進む覚悟らしい。

その道連れが私だ。

「もう、別れた方がいいかも。
 何回も入退院を繰り返しても、
 パパはお酒を止めないし……。
 結局、ママよりもお酒の方が大事ってことでしょ。
 これ以上、ママがつらい思いをしないよう、
 距離を置いた方がいい」

娘の口から出た言葉に、「潮時かな」と思いながらも、
踏ん切りがつかない。。。。。。

人間の体には、自然治癒力が備わっているはず。
立ち直りたい、回復したいという心が、
きっと、夫にもあるはずだ。

まだまだ、可能性を捨て切れずにいる。


Welcome !

マウスで見る方向変えられます

カウンター
プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
麦酒以外の酒をたしなむ
猫舌の呑助?です。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。