執着

内視鏡手術が適応できる癌なのだ。
手遅れとは、ほど遠い。

気楽に構えていればいいものを……。

悪い方にばかり思いを巡らせて、
夫は自身を重病人に仕立て上げていたように見えた。


当初の予定通り、がんセンターに入院し、
夫が薬で眠らされている間に、手術は終了したのだ。

担当医が、切り取った膜のようなものを私に見せて、
「全て、取り切れましたよ」と成功宣言。

これで、夫の取り越し苦労も終わったと思った。


病室に戻された夫は、飲食禁止で24時間点滴。
起き上がる動作も禁止。
ベッドで寝たままの状態で過ごすことに…。

アルコール依存症治療病院での問題行動は、
こちらの病院にも伝わっていたため、
看護師から夫の付添いを打診された。

断るわけにもいかず、急遽、夫の監視役で、
一晩付き合うことになってしまった。

その夜、夫は、
点滴に対する不満、身体を動かせない苦痛、
眠れないイライラをぼそぼそと愚痴っていた。

「煙草は止めないけど、酒はコップ1杯で止める。
 それ以上、飲まないよう、隠して置いてくれ」

「隠すとかじゃなくて、私はお酒を買わないよ」

夫の酒への執着にはうんざりする。
こんな話は、さっさと切り上げたい。

こっちは、早朝より同行して、
まともに食事も摂らずに、あげく、簡易ベットで
付き添うことになってしまったのだ。

「疲れたから、そろそろ、寝たいんだけど」

「なんで、おまえが疲れるんだ。何にもしてないのに」

私の中で何かが切れた。
これ以上、夫に関わりたくないと思った。

私は寝たふりをした。

夫がうっとうしく思えて仕方がなかった。。。。。

その後、
無意識に起き上がろうとする夫を何度も制して、
うたた寝で夜が明けた。
Welcome !

マウスで見る方向変えられます

カウンター
プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
麦酒以外の酒をたしなむ
猫舌の呑助?です。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク