失敗

指定された検査日に、がんセンターを受診した。
内視鏡検査を受けて、がんの状態を確認。
治療方針の決定は、次回の外来で告げられる手はずだった。

アルコール依存症の専門病院に入院しながら、
がんセンターでの内視鏡手術入院を待つ。

がんもアルコールも退治したいという欲張った治療。
全ては、順調に運んでいると思っていた。

ところが、内視鏡検査を終えた日から、
夫の挙動がおかしくなった。

物を置き忘れて、なくす。
今さっきのことが思い出せない。
頭の中は混乱し、会話が噛み合わない。

夫は、記憶が飛んでしまうことを気に病んでいた。
胸がもやもやして息苦しいとも訴えていた。

精神安定剤が処方されたが、症状は改善されず……。

入院中の日課になっていた散歩で、
院外に出た夫は、酒屋へ行き、ビールを飲んだらしい。
その後、病室に戻った夫は、
首を吊ろうとして失敗したそうだ。

任意入院だった夫は、保護観察入院に切り替わり、
鍵のかかる個室へ移された。

病院からの知らせを受けて、
慌てて駆け付けたのだが……。

看護師に付き添われて、ロビーに出て来た夫は、
私を見て、きょとんとしていた。

「あんなことして、奥さんを驚かせちゃダメでしょ」

女性看護師にたしなめられた夫は、

「おかしいな。うまくいくと思ったのに、
 失敗しちゃったんだよ」

明るい口調で言うので、こちらは、力が抜けてしまい、
腹立たしくもあり、思わず口走ってしまった。

「失敗って。失敗はダメでしょ。
 やるんだったら、成功しなくちゃ」

私の言葉で、夫も看護師も一瞬固まったが、
ブラックジョークと受け止めたようで、

「まあ、まあ、今回は、失敗で良かったじゃない」

笑いながら、看護師が私の肩を優しく叩いた。


『がん細胞の存在を知っても、夫はあっさりしていた』
これは、見誤りだった。
夫は、意外と繊細だったのだ。

がんを恐れるあまり、情緒が極度に不安定になり、
数々の問題行動へと繋がったように思える。

恐怖から逃げたくて、酒に走る。
自分の身に起こっていることをしらふの状態で
受け入れることが出来ないのだろう。

嫌なことは、酒で誤魔化してやり過ごして来たのだ。
簡単に、生き方は変えられない。。。。。


この騒動で、がんセンターの外来予約はドタキャン。
後日、私一人でがん治療の話を聞きに行くことになった。

Welcome !

マウスで見る方向変えられます

カウンター
プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
麦酒以外の酒をたしなむ
猫舌の呑助?です。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク