呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
得た知識は、きっと、強力な味方となり、
私を助けてくれるに違いない。

勇んで、夫の入院先のアルコール家族会に出席。

前半の全体講義が終わると、
後半は、病棟ごとに会場が分れていた。

私が参加した第1期治療病棟は、
入院患者の妻が3人だけのこぢんまりした会だった。

Sさんは見覚えがある。
夫が入院した日に病棟の廊下で、すれ違った。
Sさんのご主人と私の夫は、入院日が同じ。
Hさんのご主人は、夫より1週間早い入院だった。

病棟の師長さんは、開口一番、
Hさんのご主人の院内飲酒を指摘。
今度飲酒したら、治療の存続は難しいとの事。
回復しにくい病気であることを説明していた。

この病院の入院患者の1年後を調査したデータでは、
初回入院患者の50%が断酒していたそうだ。
でも、入院回数が増えると、断酒率は著しく低下。
1回目の入院で、酒と縁を切ることが重要なのだ。

Sさんのご主人は、初めての入院だった。
この機会を大切にして、
回復を勝ち取ってほしいと、心から思う。

「入院を繰り返すたびに、
 確実に失うものが多くなります」

師長さんの言葉が耳から離れない。

何度も躓いてばかりの私の夫は、
ここで治療しても、断酒は夢物語のように思えて、
無性に悲しくなった。

Hさんのご主人は、5回目の入院だそうだ。
うちと、似たり寄ったり。
Hさんのご苦労、如何ばかりかと……。

家族会の次の日、夫からメールが来た。
Hさんのご主人が院内で再び飲酒し、
強制退院となったそうだ。

家族会の時の師長さんの話が頭に浮かんだ。

「入院しないと、離婚すると言われたとか、
 入院しないなら、クビだと言われたとか。
 昨今は、そんなふうに、周りからの圧力で、
 しぶしぶ入院して来る患者さんが目立ちます」

周りの人の思いに乗せられての入院生活なので、
取り組む姿勢も今一つ真剣さを欠くことに……。


夫の最初の入院は4年前、去年の7月が2度目で、
それから、立て続けに入退院し、今回4度目だ。

夫のこれまでを振り返ると、
今回も体調を落ち着かせるだけの一時しのぎで、
根本の解決には至らないように思えて、へこんだ。

夫の入院は、私が仕組んだことになるのだろうか?
夫は、自ら入院治療を希望したのだが、
本意ではなかったのかもしれない。。。。。。

回復への道は険しい。

病棟の家族会で得た知識は、助っ人にはならず、
私をマイナス思考へと急降下させたが……。

治療は再開されたばかり。
確かに困難な状況ではあるが、
回復の可能性がゼロと決まったわけではない。

固定観念に縛られない柔軟な心で、
夫を見舞っていこうと、思い直している。

【2014/08/03 19:10】 | 病的な飲酒
|

No title
アル症の息子
病院のなかでどうやって酒を手に入れて飲むことができるのか、不思議でしかたがない。

No title
emanon
>回復への道は険しい

ご主人の回復の最大の妨げになっているのが共依存者であるあなたご自身であることに、そろそろ気づくべきです。
いや、既にお気づきなのだと思いますから、それを認めるべきです。

応援しています
kay
世間の風当たりが強いと思います。
コメントも批判やら中傷が多いですね。

私は事情有って精神薬を飲んでいる身ですがアルコールをやめられません。

いろんな気持ちで貴ブログを読ませていただいています。

小吉様のご家族を思う気持ち、なによりだんな様を支える姿勢、気持ちに心打たれます。

私は専業主婦ですが夫は下戸です。
分かっているけどやめられない。。。。
つらいですね。

断酒ってなかなか決心がつきません。
本当に難しいです。

小吉様に穏やかな生活が戻ってきますように。
心から応援しています。

管理人のみ閲覧できます
-


アル症の息子 様
小吉
閉鎖病棟ではないので、
自ら買い出しに行っているのでしょう。



emanon 様
小吉
おっしゃる通りです。。。。

Y様
小吉
「誰かのために何かをする」
本当に、私は、相手の事に首を突っ込み過ぎです。
「自分のために」が欠けております。

今は、家族会などへの参加で、少しずつ視野が広がり、
自分のために動くということを考えるようになりました。

でも、油断すると、すぐに元に戻ってしまいます。

あなた様のお言葉は、
不安定な私の心に、いつもいつも、気付きを下さいます。
本当にありがとうございます。


kay様
小吉
励ましのお言葉、ありがとうございます。


「分かっているけどやめられない。。。。」
入退院を繰り返す私の夫も、この一言に尽きるようです。

自身の病気への自覚が足りないと、
家族は口惜しい思いになるのですが……。

夫には、新しい生き方への準備がまだ出来てないのでしょう。
夫には夫のペースがあると思うようにしております。

kay様も、kay様のペースで、
お酒との付き合い方を良い方向に変えて行かれますように。
くれぐれも、ご自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。



No title
ボンクラ子
ご苦労のほど お察しいたします
私は 自分自身が酒害者なので ほんとうに心苦しく いつも拝見させていただいてます

昔 お友達やバイト先の方と飲んでいたときは ほんとうに楽しかったです

ただ 今は 飲めば飲むほど自己嫌悪になり マイナスのスパイラルです
ご家族のご苦労は本当に想像を絶するものだと思います
ご主人も もう楽しくのんでらっしゃることはないと思います
私も なんとか 抜け出そうとがんばっています

色んな意見があるとは思いますが お心痛めませんように

いつか お孫さんや みなさんで 笑える日が来ることを お祈りしております

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
子どもが同じ幼稚園だったことで、
意気投合したMさんとは長い付き合いだ。

子ども達が小学生の頃、
Mさんも私も引っ越しをしたので、
ご近所ではなくなったが、
年に数回、ランチタイムを楽しんでいる。

私より10歳年上の彼女は、飲み友達でもある。
食事にお酒は付き物で、
飲んで食べて、互いの近況を語る。

私は、酒が入ると笑い上戸になるので、
抱えている問題が深刻でも、
漫談のように笑い飛ばしてしまう癖がある。

先日、数か月ぶりでMさんと食事をし、
夫が再入院したことを伝えた。

4回の入院をただ事じゃないと、彼女が思うのは当然だ。

酒害の数々は、私が喋ると笑い話に変わってしまい……。
深刻さが感じられないということで、
違和感を覚えた彼女は、私の話を途中でさえぎった。

「ちょっと待って、申し訳ないけど、変わってないわ。
 あなたの身辺に起きていることは、尋常じゃないのに、
 危機感がなさすぎる。
 旦那さんには、今までと違う態度を取らないとダメよ。
 あなたが同じままだから、
 旦那さんは変われないんだと思う。
 旦那さんは、あなたに依存している。
 何があっても、あなたが何とかしてくれると思っている。
 あなたは、旦那さんの母親になっている。
 旦那さんは、また、お酒を飲むでしょうね。
 ずっと、同じことが死ぬまで繰り返されると思う。  
 旦那さんの面倒を見てはダメよ。
 あなたは側にいない方がいい。。。。」

常識的な判断だと思う。

Mさんのご主人はギャンブル好きで、
知らぬ間に借金を膨らませる名人だった。
働き者のMさんが、いつも尻拭いしていた。

堪忍袋の緒が切れたのだろう。
子どもが高校生になると、持ち家を売却して離婚。

仕事を3か所も掛け持ちして、
2人の子どもを育て上げた、強い女性だ。

彼女が、アルコール依存症という病気を
どこまで理解しているか不明だが……。

自身の夫がギャンブル依存症だったので、
「依存症」の雰囲気はつかんでいると思う。

私の態度が生温いことを案じている。

わかっているのに。。。。。
変わろうとしているのに。。。。。

「変わっていない、同じまま」と指摘されて、
悲しくなってしまった。

自分では、ものの見方、考え方を
変えるよう努めているつもりになっていた。

でも、彼女の目には、
努力も進歩の欠片も見えていない。

大変な現実に立ち向かっているのに、
あまりにも呑気すぎると憂いていているのだ。

私が変わらないから、夫も変われずにいる。
夫が苦しみの中にいるのは、私のせい!?

やっぱり、私が悪いのか。。。。。。
罪悪感に襲われて、またまた、
堂々巡りの中に落ちてしまった。

油断も隙もあったもんじゃない。
すぐに自分を責めてしまう私がいる。

駄目な自分を許容する。

現実は、一瞬も同じ状態で留まることはない。
同じように見えていても、全て同じではない。

大きく変わらなくてもいい。
自分に無理なノルマは背負わせない。
小さくても、ゆっくりでも、
変わり続けていたら、いつか変わる。

夫は、社会復帰に向けての治療が始まる
第2期治療病棟に移った。
着々と、治療は進行しているのだ。

【2014/08/24 11:20】 | 病的な飲酒
|

No title
はじめまして
前から読ませていただいておりました。

「変わっていない、同じまま」と指摘されて、
悲しくなってしまった。
↑悲しくなるのが遅すぎると思います。

私が変わらないから、夫も変われずにいる。
↑今頃気づいたんですか?

夫が苦しみの中にいるのは、私のせい!?
↑それは本人のせいだと思うけど。


油断も隙もあったもんじゃない。
すぐに自分を責めてしまう私がいる。
↑いやいや、そこは自分を責めるトコでしょ(笑)今でしょ!


駄目な自分を許容する。
↑人としてそれは大事だけど、いまのあなたはそんなこといってる場合じゃない(笑)



嫌なことや悩みを笑い飛ばせるのはとてもステキなことだけれど、あなたは確かにのんきすぎると思います。

Mさんのことを『アルコール依存症のことをどこまで理解しているか不明だが・・・』といっているのは、Mさんに失礼すぎる。
他の方のコメントに対してのあなたの切り返しも、一見クールに見えて、なんとなくですけど、都合が悪ければ受け流しているように見えてとっても違和感がありました。
そういう方なんでしょうね。

私お酒好きで良く飲みますけど、怖くなりました。
あなたの旦那さんみたいになったらどうしよう。
いい反面教師になりました。

Mさんに見捨てられないうちに、一歩でも前に進めますように。



はじめまして 様
小吉
細かな分析、ありがとうございます。

反面教師でも、お役に立てて嬉しいです。
アルコールは依存物質です。
飲み続けていれば、
アルコール依存症になる可能性はありますので、
くれぐれも、ご自愛下さいますように。

書き綴ることにエールを送ります
何度目かの通りすがり
何度かコメントをしたことがあります。
ブログも最初の頃から読んでいます。

多くの人が小吉さんにアドバイスをして、小吉さんがなかなか思い切った行動をされないことにイライラしているような感じがします。


それとは裏腹に、小吉さんが、どなたかのアドバイスを求めたり、あてにしたりしてこのブログを書かれているわけではないと言う事も、十二分に分かっています。

事実を淡々と綴っていらっしゃるのが、他の方の参考にもなり、アルコール依存症の怖さ、恐ろしさを世に伝えるブログだと思っています。

ただ、やはり、他の方と私も思いは同じで、ご主人が回復されることを祈ります。


ハニハニ
私の勝手な感想ですが...
小吉さんは「辛い辛い」と言わない
性格なのでは?なんとなく、朗らかな
お顔立ちから、勝手に想像しています。
確かにのん気なところもおありかとも
(失礼!)思いますが。笑
人はそうそう変われません。
だけど今の小吉さんが変わろうと
もがいているのは、ブログを通して
十分に伝わりますよ。私には。
お友達は、いつもと変わらぬ明るい
口調の小吉さんに違和感を感じただけでは?だってその方には、迷いや葛藤や決心
を涙ながらに話しては無いのでしょう?
スルーですよ!スルー!

何度目かの通りすがり 様
小吉
皆様の助言や忠告を有り難く思いながらも、
そんなに簡単に変れない自分がいて……。

そんな駄目さ加減をだらだらと書き続けることに、
正直、戸惑いを感じておりました。

だから、書くことを肯定して下さる、
あなた様のエールに救われました。

お心遣い、本当にありがとうございます。







ハニハニ 様
小吉
Mさんは、夫とも面識があるので、
夫の様子を問われれば、事実を話していました。

渦中は辛くイヤでたまらなかったことも、
時間が経って、思い返すと、
夫の奇奇怪怪な行動は笑い話に変わってしまい……。
不謹慎だったのかもしれません。

ちゃらんぽらんな性格で、
なかなか、変身を遂げられません。。。。

ハニハニ様の優しいお心をかみしめております。
本当にありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます
-



匿名
匿名ですみません。
そのお友達の小吉様を責める言葉は、聞き流しましょう。
残酷なことを言うようですが、
小吉様の状況は、「ちょっと気づくのが遅きにしっした」というパターンだと思うのです。
薬物依存の恐ろしさは、そこです。

「戻れない位置まで来てしまっていたら」、
奥様が離れようが、一緒にいようが、
奥様がどう動こうと、『戻れない確率のほうが高い』という状態は変わらないであろう
というのが、薬物依存の恐ろしさです。
諦めの気持ちを半分以上持ったほうが、奥様は精神状態は楽になるかもしれません。
奥様が「今さら離れられない」と思われるのは、当然ですよね。
他者が、離れなさいと「言うのは簡単」です。

ギャンブル依存症の人の妻の方が、気づくのは早いです。当たり前なのです。
ほっとくと すぐ 家庭崩壊が目の前に突き付けられるわけですから。

小吉さんが話しを聞いて貰うのは、やはり同じ苦しみを知っている、アル依存の家族の集まりのほうがいいと思うのです。

管理人のみ閲覧できます
-


内緒様
小吉
お立ち寄り、ありがとうございます。

「変わらなければ……」
頭では分かっているのに、
実行となると、もたついております。。。。

あなた様のペースをお大切にして、
より良い方向にお進み下さいますよう、
お祈り申し上げます。







コメントを閉じる▲