呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の入院中、院内の「アルコール家族会」に参加。
「家族の回復」がテーマだった。

病気の影響を受けて、
家族もストレスの高い状態になっている。

家族が回復していくためには、
「彼は彼、自分は自分」と切り離して、
自分の時間、自分の考え、自分の選択を
取り戻すことが必要との事だった。

講師の精神保健福祉士が、
しなくていいことを簡潔にまとめてくれた。

① 依存症者の飲酒の理由に対応しなくていい

② 依存症者の飲酒を直接止めさせようとしなくていい

③ 飲酒問題の処理(後始末)をしなくていい

④ 飲んだかどうかに集中しなくていい

⑤ 依存症者を脅かさない、駆け引きをしない

学んだことが、実践できていない。。。。。
特に、④が難しい。

退院直後の再飲酒なので、
どのくらい飲んでいるのか気になり、
知りたくて我慢できない。

気になって仕方ないのに、
気にしない振りは精神衛生上よろしくない。
かえって、ストレスになる。

屁理屈を並べて、自分の行為を正当化し、
夫の留守に、夫が隠した焼酎の紙パックを取り出す。

そして、それを揺らしながら、減り具合を確認。
飲酒量は、日毎に増えている。

飲み出したら止まらない病気なのだから、
ある意味、順調な経過だ。

ということは、
近いうちに、夫の奇行は繰り返されることに……。
良くない想像が膨れ上がり、心が乱れる。

区役所のロビーには、種々のパンフレットが
ラックに収まっていた。
そこで、見つけたチラシを握りしめ、すがる思いで、
『依存問題を抱えている家族の会』を訪ねた。

夫の酒を探し出さずにはいられないという愚行も、
ここでは、批判されることなく受け入れてくれる。

「みんな、同じことをやって来ましたよ」

否定されないことが、とても有り難い。
自分を責めなくてすむ。

「大丈夫、必ず、良くなりますよ」
「あなたのご主人なら、断酒できますよ」
「本当に、奇跡は起こるんです!!」

皆さん、大変な修羅場を経験しているのに、
明るく前向きだ。
諦めなければ、道は開けると言う。

実際に、メンバーの大半は、
夫や子どもの回復が実現していて、
良い関係を築いている。
うらやましい限りなのだ。

「ご主人の飲酒には、ノータッチで通しましょう。
 今は、自分が楽しく生きることを第一に考えてね。
 私たちは、あなたの仲間です。
 また、必ず、会いましょう。 待っていますよ」

先を行く方々の言葉は、心に静かにしみわたる。
酒を探す女から卒業しようと思う。
スポンサーサイト

【2014/05/18 21:57】 | 病的な飲酒
|


ボサノバ
いつも応援しています!
そしてあなた様には幸せに過ごしてほしい。心の底からそう願います。負の連鎖を断ち切るには、前向きに考えるしかありません。自分の人生を前向きに!
一番がんばっているのはあなた様です!まだまだ、楽しいことがたくさんあります!ハッピーになれる!


ボサノバ 様
小吉
気にかけて下さる方がいることに、
幸せを感じております。

心丈夫になれる言葉の数々、
本当にありがとうございます。

他の病気は大丈夫ですか?
断酒4ヶ月目
こんばんは
アルコール依存以外の肝硬変と糖尿病の経過はどうなんでしょうか?
合併症等併発したら、失明や人工透析へとなるので、そちらも心配ですね。
旦那さんには、いずれそうなるよと言えば、少しは響くかもしれません。
私も現在断酒は順調ですが、血糖値が高く、気をつけています。

NoTitle
優しくない名無し
>④ 飲んだかどうかに集中しなくていい

酒量を気にすることは、やってしまう気持ちはよくわかります。
確かに、どうしても気になりますよね。

ただ、それ以前の問題がある。
回復に「飲んだ量」なんて関係ないですよ。
関係あるのは、「飲んでいるのか飲んでいないのか」それだけ。
多い少ないなど、回復には何も関係ありません。
だから、気にするだけ無駄ってことですよねえ。

隠し酒がある時点で、ほぼ飲んだにきまってます。
つまりは、隠し酒があるかないか、が重要ですよね。
隠し酒があるのであれば、飲んだ量なんて気にしても何の意味もない。
集中するのは、無駄だ。

でも、だからといって、隠し酒を容認したほうがよい、
という意味でもないですね。


---
②依存症者の飲酒を直接止めさせようとしなくていい

確かに、しなくてもよいですね。ほとんど意味ないから。
疲れるだけですね。
それと、「できる範囲でやるしかない」という意味もありますね。
疲れないなら、やってもいいですね。

それと、だからといって、飲み易い環境を放置する(維持する)のがいい、という意味ではないですね。

依存症者の飲酒を直接止めさせようとしなくていい
→依存症が飲酒をしにくい環境にしていく。間接的に飲酒をやめさせる方向にもっていく。

もちろん、できる範囲、疲れない範囲、身の危険のない範囲、精神的につらくない範囲でやるしかないのは言うまでもないですが。

---
追記ですが、根本的なところの認識なんですが。
「しなくてもいいこと」と「してはいけないこと」はまったく別ですよね。
②④は、しても無駄だから、「疲れるならしないほうがいい」ってことですね。
しちゃいけないってわけじゃない。

①は②④とは若干位置づけが違うけれど、これも「しても意味ないからしないほうがいい」ってことですね。
③は、状況によるけれど、「もしすれば、(断酒させる上では)かえってマイナスだから、原則すべきでない(ときと場合とやり方によるが)」
⑤は、やり方によっては(断酒させる上で)マイナスになるので、やるなら細心の注意が必要だか、多くの場合うまくいかないから、やらないほうが無難、という意味ですね。

④は、やっていけないわけじゃないので、やってもかまわないと思いますよ。疲れないのであれば。おっしゃるように、やりたいのに我慢しないといけないわけじゃありません。
卒業するしないも、どちらでもいいと思いますよ。
少なくとも、卒業することが重要ってことではないと思います。

断酒4ヶ月目 様
小吉
ご心配いただき、ありがとうございます。

2ヵ月余りの入院と薬のお陰で、
血糖値も肝臓の方も落ち着いていましたが……。

病気が再発しておりますので、
近いうちに、また、悪化すると思われます。
入退院の繰り返しになるような気がします。

優しくない名無し 様
小吉
ありがとうございます。

飲んだ量を気にしていたのは、
以前の奇行の基準となる酒量に達しているか、
まだ節酒状態で、奇行が抑えられているのか、
という判断材料でもあったのです。

奇行への恐怖が、根強いのだと思います。
無意味なことばかりしています。。。。。



コメントを閉じる▲
退院後の夫は、精力的にAA会場に通っていた。
でも、酒を断ってはいない。
帰路、酒を仕入れて、酒と一緒に戻って来るのだ。

断酒への本気さが感じられない。。。。。。

断酒会の方が相談員をしている酒害相談会で、
隠れ酒している夫への不信感を訴えた時、

「自助グループに繋がっていれば、
 いつか、酒と縁を切りたくなる日が訪れます。
 だから、飲んでいてもいなくても、
 断酒の会に通い続けることに、価値があるのです」

飲酒しながらAAに通うなんて、おかしい。
酒を止めた人が止め続けるために、AAに参加している。
私には、そんなふうに思い込んでいるところがあった。

「回復の仕方は、人それぞれです。
 すぐ断酒できる人もいるし、再飲酒を繰り返す人も…。
 でも、会を離れなければ、必ず、断酒へと繋がります」

依存症からの回復者の声に後押しされて、
私は、夫の現状を見守る落ち着きを得たのだが……。

最近は、また、心が揺らいでいる。

あんなに熱心に通っていたAAへの足が遠のき、
夫は、ほとんど家で過ごしているのだ。

朝になると、朝食の気配で起きては来るものの、
目を閉じたまま、食べ物を口に入れている。
昨夜の酒が、体中に回っているのだろうか。
そのうつろな姿が、私を憂鬱にさせる。

食べ終わると、無言で自室に引き返し、
布団に潜り込んで静かに寝ている。

そして、昼食の気配で、また起き出して来るのだ。

こうして、3度の食事は必ず取り、薬の服用も忘れない。
ある意味、規則正しい生活だ。
酒さえ飲まなければ、身体は回復へと向かうのに……。

酒量の増加が、体調を悪くさせているのだろう。
ベッドでうつらうつらしている。
今の所、静かな病人だ。

どうせ、断酒なんて出来っこない。
AAも助けにならないと、
早急に結論付けてしまったのかもしれない。

夫は、ひとり、苦しみの中に沈んでいる。
私の存在は助けにならない。。。。。。

心がざわつくと、私はアルコール関連の本を開く。
そして、マーカーだらけの紙面を見返す。

「アルコール依存症という病気を何とかできるのは、
 断酒する気になった本人だけなのです。
 本人が断酒する気持ちになる以外に、
 病気の解決は不可能です


私に、夫の飲酒を何とかできる力は無い。
下手な手出し口出しは、事態を悪化させるだけ。

AAに行ってほしい。
寝てばかりいないでほしい。
いい加減、酒をやめてほしい。
私たちの将来を考えてほしい。

夫への注文が次々に浮かんで来て、
夫を非難したい気持ちが膨れて来て、
意地悪な心に傾いている時、
私は、自分自身を何とかするために、
家族会や自助会に顔を出すようにしている。

アルコール依存症者を抱える家族の話は、
私の知りたいことでいっぱいだ。
回復している人の家族の話は、良き先例となる。

いつか、きっと、
夫との穏やかな暮らしができるようになり、
今のこの苦しみにも、必ず終わりが来る。
いつか、きっと、願いは叶う。

先例に、希望をもらっている。

【2014/05/31 10:32】 | 病的な飲酒
|


くま
でも、会を離れなければ、必ず、断酒へと繋がります

そんなの根拠のない妄想です。合う人もいれば、合わない人もいる。現に帰りに酒かってるんだから、AAや断酒会に期待しない方がいい。なぜ、酒を買うお金があるのか?持たすのか?不思議です。

No title
774RR
拝啓 いつも拝読させていただいています。
心身共にお疲れの事と思います・・・

AAでも無理な方はいます。私の友人もダメでした。
肝硬変から・・・どんどんとお決まりのコースでしょうね。

断酒させるのに一番手っ取り速いのって・・きっと

山とか絶海の孤島とか・・・遭難するのが一番いいかも
(食料は持参で)  結局は環境なのかも・・・

お金さえあれば、何処でも購入可能な環境にいては断酒は無理です。

患者さんたちは病院でも『家一軒分飲んだ』とか『高級車一台分飲んだ』等 武勇伝を言い合っているそうです・・・

無理なんです・・タバコでさえ止めるのに苦労するのに
タバコの数倍苦しいお酒ですもの・・・・

無関心を装い見守るしかないです・・・あとは・・・・
ご決断を・・・いかようにするか・・・です

せめてご自身のお身体をどうか御寵愛下さいますよう・・・

くま様
小吉
お立ち寄り、ありがとうございます。

藁にもすがる思いなのです。
良い方向に行った方を信じることで、
心を落ち着かせておりますが……。

あなた様のお言葉は、警鐘になります。
ありがとうございます。

774RR 様
小吉
雑文に、お付き合い下さり、
ありがとうございます。

今のところ、
「無関心を装い見守る」ような態度でおります。

決断は先延ばし状態、いい加減にすることで、
思い詰めがちな心を開放しております。

私の体を案じて下さり、
本当にありがとうございます。



まり
こんばんは
通りすがりです。
ご主人治す気持ちはおありだと思います。
私はいま現在ご主人と同じ状況。子供はいません。

私は何かに通ったりもしていませんが、自分自身では分かっています。
でも主人に甘えてしまいます。もしかしたらご主人も甘えもあるのかもしれません。
余計な事と思いながらコメント失礼します。読んだらけして下さいね

まり様
小吉
お立ち寄り、ありがとうございます。

夫は、病気を何とかしたいと考えていると思いますが……。
なかなか、お酒から離れられずにおります。
酒量に比例して、体調も悪くなって来ました。

でも、私の夫は、
いつまでも、負の風にさらされている男じゃないと思うことで、
私は、かろうじて、心を落ち着かせております。

まり様のご様子を案じていらっしゃるご主人様のためにも、
くれぐれもご自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。




コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。