呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末の外泊訓練で、
家に戻った夫は、限りなく怪しかった。

ちらりと見えた酒瓶に、私は動揺した。

後日、作り話のような説明で、
夫は、飲酒を否定した。

腑に落ちない。
が、あげ足を取った所で、どうなるものでもない。
私は、疑う心に無理矢理フタをした。

P1060988.jpg

満開の桜の中、夫は退院した。

酒に対するコントロール障害が発症した夫は、
この先ずっと、死ぬまで治らない。

だから、生きて行くためには、
どんな理由があっても、飲んではいけない。

3度目の入院なので、
いい加減、目が覚めたのだろう。

今まで、見向きもしなかった自助グループにも、
顔を出すようになり、
断酒への道を模索しているように見えた。

が、見間違えだった。

丑三つ時、こそこそと家を出て行く夫。
「散歩してた」と、とぼけたことを言っていたが……。
日がな一日、飲んでいた時と同じ行動パターンだ。

疑惑が膨れ上がり、
私は、また、探す女になってしまった。

夫の部屋のいつもの隠し場所に、
飲みかけの酒瓶が、ちゃんと収まっていた。

また、振り出しに戻ってしまった。
夫は、隠れて酒を飲んでいる。

回復への期待に、胸を躍らせた私が馬鹿だった。

酒だけを頼りに生きて来た男だ。
体調が落ち着けば、また飲み出す。
飲み続けて苦しくなれば、また入院するのだろう。

愚かなことだと思う。
でも、そういう生き方しか出来ないのだろう。

夫の生き方は、夫が決めることだ。
私が口出しすることではない。

居心地が悪くなれば、私は出て行くまでだ。

一段と、整理整頓に拍車が掛かる。
必要な物と不要な物を見極める。
私にとって大切な物は、そんなに多くない。

ずっと、夫を大切な存在と思って来たが、
勘違いだったのかもしれない。。。。。。
スポンサーサイト

【2014/04/09 19:39】 | 病的な飲酒
|

NoTitle
匿名男性
今回で目が覚めましたか?旦那さんには今後好きなだけお酒を飲んでもらい、小吉さんは離婚という明白な形で旦那さんと袂を分かち、これから平穏な人生を送ってほしいと思います。2人のお子さんと、将来は孫たちとの交流、人間らしい生活で今までの苦労を癒してください。過去のコメント欄での辛らつなコメントも、こういうことを言いたい人が多かったのでは?と思います。

匿名男性 様
小吉
渦中の私は、何も見えていなくて……。
自分に都合よく考えてしまい、期待外れで、
また嘆く・・・相変わらず、進歩がありません。

皆さんの目は、本当に冷静です。
ありがとうございます。

もう治りません
織部
今まで、何回も読ませていただきましたが、ご主人は相当重症です。小吉さん、よく今まで我慢してきましたね。ふつうだったら、とっくの前に離婚されているレベルですよ、私もアル依ですが何回も問題をおこし6カ月断酒しましたが、やっぱりだめでした。今は隠れて500mlの酎ハイ2本を寝る前に飲んでますす。この程度で絶対に抑えようと思ってます。スイッチが入る前にやめてます。ご主人は常にアルコールが入ってないとダメみたいですね。やさしすぎると治らないですよ。一度突き放してください。万一ふつうに飲むことが自制心で出来ることが出来たらやり直せばいいですよ。奇跡に近いとは思いますけど、その奇跡が起こるかもしれないですよ。

織部 様
小吉
お立ち寄り下さり、ありがとうございます。

夫は、AAに通いながら、節酒に挑戦?しております。
お酒への未練を断ち切れない様子を見るにつけ、
重いため息が漏れてしまいますが……。
夫の前では、素知らぬ振りで、やり過ごしております。
夫もつらいのだと思います。。。。。。

織部様とお酒との良好関係が保てますよう、
ご自愛専一にお過し下さいますよう、お祈り申し上げます。

本心をカモフラージュされてますよね
優しくない名無し
このあとの記事もアップされているけれど、あえてこちらにコメントします。

>夫の生き方は、夫が決めることだ。
>私が口出しすることではない。

これは、違うでしょう。小吉さんは、ご自身の気持ちを偽って書いてますよ。
夫婦である以上、夫婦の幸せというのがある。
「夫の生き方は、私の人生(幸せ)に影響する。だから、私にも口出しする権利はある」というのが正しい考え方でしょう

私は、「私が口出しすることではない。」というのは、小吉さんの本心ではないと思う。単に、「(どうせ夫は断酒しないから、)私は口出ししたくない。」が本心なんだと思いますよ。

もしくは、小吉さん自らが、ご主人に、もっと厳しく断酒を迫ることに、ためらいがあるんでしょう?
ご主人に対して、「自分(=小吉さん)が酒を取り上げる行為をする」ということが嫌なんでしょう?
厳しくせまるのができない。または、楽しみを取り上げることができない。または、厳しく迫っていさかいになるのが耐えられない。それを受け入れる勇気がない。どの理由かわからないけれど、できないんでしょう?

そういうご自身の気持ちを認めたくなくて、「私が口出しすることではない。」と言い逃れをしているわけでしょう?
---
もちろん、夫婦といえども、別の人間。何が幸せなのかは、夫と妻では違う(一般論として)。だから、別の幸せを模索するのは結構。
口出しするもしないも自由だし。小吉さんが別居/離婚するのが幸せと思うなら、それはそれでオッケー。それを否定しているわけではない。
あくまで私の申し上げたいことは、小吉さんは、ご自身の本心をカモフラージュしてここに書いている、ということだけです。
---
なので、私は、ずっと読んできて疑問に思いますよ。
どうしてもひとつ質問したい。

小吉さんは、ご主人に、心底断酒してほしいのですか?
それとも、どちらでもいいのですか?
それとも、私が上のほうに書いたように、断酒はしてほしいけれど、小吉さんご自身がご主人から楽しみを取り上げることをせずに、断酒してほしい、ということなんでしょうか?

ちなみに、3番目であるとしたら・・・小吉さんがそうかどうかは知りませんが・・・あくまで一般論として、これは、ムシのよい考え方だと思いますね、私は。ムシがいいというか、矛盾していると思います。そばにいるご家族がそういう態度では、アル症の断酒には、害になるだけです。

もちろん、だからといって、私は、そういう行為を責めるつもりはありません。それもアル症の家族生き方、幸せのひとつの選択肢だから。
申し上げたいのは、一緒にいる人が厳しくしないで、でも断酒をしてほしい、というのは、矛盾した考え方ですよ、ということです。
---
すみません、最後の部分は、「3番目」かどうかもわからないのに、勝手に論を進めてしまって。独断であることは承知であえて書かせていただきました。

優しくない名無し 様
小吉
もちろん、夫の断酒を望んでおりますが……。
一筋縄ではいかないなぁと感じることばかりで、
期待は小さくなっております。

飲む飲まないは夫が決めることと思うことで、
今、飲んでいるであろう夫を受け入れるよう、
心を無理に仕向けている状態ですが……。
絶えず、心は揺れて定まりません。

「ムシのよい考え方」
「アル症の断酒には、害になるだけ」

あなた様の貴重なご意見は、
私の考えの甘さを突いて下さいます。

気付きを頂き、ありがとうございます。



NoTitle
優しくない名無し
小吉様、私の不躾なコメントに丁寧にコメントバックいただき、ありがとうございました。また、私の質問にご回答いただき、感謝いたします。

小吉様は、コメントバックで、文字上は「断酒を望んでいる」と書かれましたが。
しかし私は、その回答を拝読して、小吉さんの本心はそこにはないという疑いを、さらに強く抱くに至りました。
すなわち、小吉さんがブログに書かれていることと、小吉さんの本心は別のものである、カモフラージュして書かれているという疑いです。
根拠はいくつもありますが、長くなりますし、説明することに意味は感じないので省略します。(ご興味あればご説明申し上げますが)

ただし、「カモフラージュ」という表現は適切ではないかもしれないですね。
小吉さんが、ご自身の本心(この場合の「本心」とは、「小吉さんが真に望んでいること、やりたいこと」という意味です)を理解されていながら、ブログには故意にそれと違うことを書いているならば、カモフラージュという表現でよいかもしれません。
しかし、もしかしたら、小吉さんは、本心に気が付いておらず、本心でないことを本心と錯覚して書いているのかもしれません。その場合は、小吉さんは正直に書いているつもりでしょうから、カモフラージュではないですね。どちらなのかは、私にはわかりません。

小吉さん、どちらなんでしょうか?
本心と違うことを自覚していながら、意図的にカモフラージュして書かれているのですか?
それとも、本心と違うという自覚などまったくなくて、正直にお書きになっているつもりでしょうか?
もちろん、全部が全部カモフラージュでもなければ、全部が本心でもないでしょうけれど。
主要な部分はどちらが主体なんでしょうか?
正直に教えていただけないでしょうか。
---
いずれにしろ、私が小吉さんの回答から受けた印象は、小吉さんは、ご主人に強く断酒を望んでいない、というものでした。そういう印象を強く抱きました。
さらに。ここから先は、100%、私の想像になりますので、当たっているとは申しませんが、あくまでひとつの可能性として申し上げたい。

小吉さんは、現状維持を望んでいるのではないでしょうか。

ご主人が、今までどおり飲酒をし、ただし、願わくば今までよりも節酒して、身体もこれ以上急激にひどくはならず、そこそこ長生きして、多少は迷惑をかけられてもいいから、自分がご主人の役にたって、それで一緒に暮らしていきたいと。それが小吉さんの一番望んでいることではないかと。
そして、その過程で、もしも運よく、ご主人自らの意思で断酒できれば、なおラッキーと。
私は、そんなふうにイメージしましたよ。
ただの想像なので、間違っているかもしれませんが。
---
ところで、
誤解されてもらっては困りますが、私は、小吉様が甘いなどと申し上げたつもりはまったくありませんよ。ましてや、甘さを突いたつもりも一切ありません。
そもそも、私は、小吉さんの行動を甘いなどとは思っていません。
なので、私のコメントから「甘さを突いたこと」を気付きにされたら、私にとってはいささか迷惑心外(※訂正しました)です。そんなことは申し上げてもおりませんので。
私がもしも突いたとするならば、あくまで、上述したように、小吉さんの本心とブログ記事との間に乖離があるのではないか、という点のみです。そこははっきりさせておきます。
---
最後に、ひとつだけ、小吉さんのためになりそうなことを申し上げます。
このブログにコメントしてくださる方の95%以上の人が、小吉さん対して、以下のどちらかの意見をおっしゃっていますよね。
①ご主人を断酒させるため、今まで以上にご主人に厳しく接するべき。
または、
②これ以上小吉さんの負荷を減らすため、別居または離婚すべき。(そして、そのほうが、結果的にご主人の断酒にも良い方向になるかもしれない。)
この①②のどちらかの意見がほとんどです。
そして、ほとんどの人が、今の小吉さんの行動を共依存、または、イネーブラーと感じて批判的だと思います。

私は違いますよ。
私は、まず、小吉さんの本心がわからないので、①も②もお勧めするつもりがありません。本心と即していない意見でのアドバイスなど、意味がありませんから。
そして、以下は仮定ですが、もしも私の想像、すなわち、小吉さんが、現状維持を望んでいる、というのが小吉さんの本心であるとしたら。それが小吉さんの真の幸せであるならば。
それはそれで、私は肯定しますよ。それでよいと思いますよ。

そしてそうであるならば、どうすれば、ご主人の身体を急激に悪くしないで、なんとか現状をできるだけ長期間維持できるのか、というアドバイスもいたしますよ。
小吉さんの望んでいること(=本心)に従ったコメントをいたします。
それが、小吉さんの真の幸せであるならね。

ただし、小吉さんの本心がわからない現時点では、どんなアドバイスもするつもりはないですし、逆に、「甘い」などと指摘するつもりもありません。

その点、誤解なさらないでいただきたいと思います。

優しくない名無し 様
小吉
書くことで、自分の心を見直して、
落ち着かせているつもりになっていましたが……。

本心を問われて、戸惑っております。
「真に望んでいること、やりたいこと」が、
正直なところ、自分でもよく分からなくなっております。

混乱しています。
時折、言いようのない不安に襲われ、
気が付くと、はらはらと涙していることがあるので、
正気ではないのかもしれません。

答えになっていなくて、
本当に申し訳ありません。。。。。




コメントバックありがとうございます
優しくない名無し
度重なる私の不躾な質問に丁寧にコメントバックいただき、ありがとうございます。
答えになっていないことはまったくありません。
本心(真に望んでいること)は小吉さんご自身でもよくわからないけれど、カモフラージュはしてない(つもりだ)という解釈でよろしいですね。
十分すぎる回答をいただきました。

不躾ついでに申し上げれば、もしかしたらこの回答も本音でないのではないか、と疑えば、疑えなくもありません。
本心がわからないのではなく、言いたくない/教えたくないのかもしれませんし。
(本心を)見つめたくない/目をそらしたままでいたい(だからわからない)、が真相かもしれません。
が、「正直なところ」とまで書いていただいた以上、これが本音と信用せざるをえませんよね。

であれば・・・小吉さんご自身、本心(真に望んでいること)がわからないのであれば。
先に申しましたように、私からアドバイスをさし上げることも当面はありませんが。
記事に書かれた内容について、いくつか気になることやコメントしたいこともありますので・・・。過去記事を含め、コメントさせていただくこともあるかと思います。
---
まずひとつ申し上げます。
アル中にとっては、酒とは麻薬や覚せい剤と同じものですよ。一般人にとっては、酒はジュースとかわりませんが、アル中にとっては、酒=麻薬です。
厳密に言えば、法律で禁止されていない点は、酒と麻薬は異なりますが、あとは一緒ですね。(アル中に対しては)酒も法律で禁止されているとみなしてしまったとしてもあながち間違いじゃないでしょう。
毒と同じ、と言ってもいいです。ヒ素や青酸と同じ類のものですね。

仮に、そうだとしたとき。
もしも、そういう目で見直したら、この記事に書かれていることは、どうなんでしょうね。

続けて(本題)
優しくない名無し
>夫の生き方は、夫が決めることだ。
この言葉が、断酒できていないご主人の現状を小吉さんが受け入れるための言葉である、という趣旨は理解しました。というか、そもそもこのブログが、小吉さんの苦しい心を吐き出すためのものであることは、理解しているつもりです。
ただ、そうであっても、この表現は、小吉さんの行動と矛盾していると思うし、読者の反感を買うものであると思うのです。
小吉さんが、読者の反感を買ってもいい、というならそれはそれでいいですが・・・。
何が問題かというと、自分がやるべきことをしていないにもかかわらず、結果が悪かったのを自分の責任でないと言っている(ように受け止められる)からです。

わかりにくいかもしれないけれど、たとえ話をします。
何か、難しい資格試験を受験したとします。通常、この試験に合格するには、数か月の猛勉強が必要だとします。合格する皆さんは、そうしてきた人たちばかり。
ところが、ある人が、せいぜい、2、3日のにわか勉強しかしない状態で試験に臨み、落ちてしまったとします。そして、その人が、
「頑張って勉強したのに落ちてしまった。所詮、私には難しすぎて受からない試験だから仕方ない。」と言ったら、それを読んだ人はどう思うでしょうか。

その人が勉強しなかったことを批判する人ももちろんいるでしょうけれど。仮にそこは不問にしたとしても。
多くの人が、落ちた言い訳に、「私には難しすぎる試験だから仕方ない」と言っている部分に反発するんじゃないかな。
「頑張って勉強などしてないだろう。落ちたのは仕方ないかもしれないけれど、難しいから仕方ないというのは違うだろう。」と思うのではないでしょうか。
全力を尽くして、それでも不合格なら、「私には難しすぎる」と言っても、誰も反発しないだろうけれど。
ろくに努力もしないで、「仕方ない」と言っている人の言葉は、誰も受け入れられないと思います。
そして、その人が、「仕方ないと言ったのは、試験に落ちた悲しみを紛らわすためです」と言い放ったとしても。それで納得する人はわずかじゃないでしょうか。
落ちたことは気の毒だけれど、その言い方考え方は違うだろう、悲しみを紛らわすにしても、別の言い方があるだろうってみんな思うじゃないでしょうか。

小吉さんの記事も同じものがあります。
小吉さんご自身がどう自覚しているのかは知りませんが、多くの読者は、「小吉さんは、ご主人を断酒させたいと言いながらも、やるべきことをしてない」と思っているはずです。少なくとも私にはそう見えます。むしろ、断酒を阻害している行為が多いと思います。つまり、「頑張って試験勉強をしてない」状況に思えます。
だから、読者の中には、小吉さんが断酒を阻害している行為をしていること自体に批判的な人もいます。私はここはノーコメントですが。

その結果、ご主人は断酒できない。(=試験に落ちた)
それは、当然だろうと我々は思う。
それに対して、小吉さんが「断酒するかどうかは本人が決めることだから」と言ったら。それは、勉強もせずに「仕方ない」と言っているのと同じに見えますよ。
断酒してほしいと言いながら、断酒させるためにすべきことをせず、むしろ阻害する行動をしていて、その結果断酒できなかったら、それは本人の決めることだと言う。
それは違うんじゃないかって思いますよ。自分を正当化しているだけのように見えてしまうんですよね。

もちろん、小吉さんご自身が自分では断酒に対して全力を尽くしているんだ、阻害する行為をしている自覚はないんだ、と思われているならば、
私のここまでのコメントは、小吉さんには心外かもしれませんが。
私と同じことを感じている人が数多くいることは、おそらく間違いありませんよ。

小吉さんは、ご自身の苦しい心情をこのブログで吐き出している、ということですが。
それ自体に反対はしませんが。どんどん、苦しい思いを吐き出してほしいと思いますが。
書き方というか、表現というか、考え方が問題だと思います。多くの読者に反感を買うようなことを書いているんですよね。反感買って当然の表現をしているのです。
ご主人に対してやっていることが問題ではなくてね。また、ブログに心情を吐き出すことが問題でもなくてね。書き方に問題あり、と私は思うんです。

私は、できれば、小吉さんに、読者の反感を買うようなことは、ブログに書いてほしくないなって思いますよ。とくに、矛盾したことや、自分を美化するような方向では書いてほしくないです。いくら苦しい胸の内を吐き出したいとしてもね。
アル中に対して、「死んでほしい」とか言っているほうが、まだ、共感得られますよ。
ごく普通に、素直に心情を書いてほしいなって願います。

コメントを閉じる▲
往生際が悪いのは、
酒を断ち切れない夫だけではない。
夫に見切りを付けられない私も、然り……。

「お酒の問題でお困りのご本人、ご家族…
 ……どうぞ、お気軽に ご来場ください」

ネットで見た断酒会のスケジュール表には、
酒害相談の日時が記されていた。

以前から、そのサイトを閲覧し、
気になっていたが、まだ一度も行っていない。

「お気軽に……」と、謳っている。

夫のことを聞いてもらいたい一心で、
私は、地図を頼りに会場へ向かった。

相談は、断酒会の方が担当していた。
幾多の苦難を乗り越え、
飲まない生き方を実践している人たちだ。

勧められるままに、私は思いの丈を喋った。

今回の入院も、飲める体に戻しただけで、
酒をやめる気はないらしい。。。。

退院して、すぐの飲酒再開なので、
裏切られた思いが強くて、虚しい。。。。

最近は、毎日のようにAAに出掛けているが、
隠れ飲酒は止まっていない。。。。

AAに行くことは、断酒している振りかも。。。。

夫に回復の見込みがあるのだろうか。

私が側にいることが、
夫を回復から遠ざけてしまっているのだろうか。

答えの出るはずもない愚問を投げかけ、
あげく、感情が高まり、涙ぐんでしまった。

「必ず、断酒できます。
 今は飲んでいても、
 病院と自助会に繋がっていれば、大丈夫」

体験者の言葉は、力強い。

「ただし、時間はかかります。
 私は、断酒会に行くようになっても、
 こっそり飲み続けていました。
 完全に断酒するまで、8年かかりました」

その間、彼の奥さんも断酒会に通い続け、
彼の回復を見届けたのだそうだ。

結婚生活の中で、今がいちばん幸せと、
はにかむ彼の笑顔は素敵だった。

「自助会に繋がっていれば、大丈夫」
彼は、自助会の大切さを力説していた。

通い続けること、そこで、話を聞くことで、
いつしか、メンバーの話にほだされて、
自分も飲まない生き方が出来るようになっていく。

自助会には、そんな不思議な力があるらしい。

夫は、飲んでいる。
でも、AAに通い、分かち合いの時間を過ごしている。

飲んではいるが、控え目である。
小さな小さな変化が芽生えているのかもしれない。
そう思うと、だいぶ心が落ち着く。

やっぱり、私は単細胞だ。
悩み続けるのは、性に合わない。
自分の適当さ、お気楽さのお陰で、まだ夫の側にいる。

【2014/04/18 23:53】 | 病的な飲酒
|


ハニハニ
更新がないのは、
小吉さんが心穏やかに過ごされて
いると信じたいとこです。

少しずつ、少しずつ。

40回、入退院を繰り返して
生還?した人を知ってます。



NoTitle
yamadagaga
お久しぶりです。
追い込まれれば立ち直るのに大変です。
世の中いろんな人がいます。
同情します。
時間が解決します。

ハニハニ様
小吉
書きたいことは、山ほどあるのに、
あることがきっかけで、書けなくなってしまいました。。。。

「少しずつ、少しずつ。」は、
私の心を穏やかにして下さいます。

ハニハニ様の優しい心遣いに、救われます。
本当に、ありがとうございます。

yamadagaga様
小吉
私が、へこたれそうになると、
いつも励まして下さり、ありがとうございます。

ひとこと、ひとことが有り難く、
涙ぐんでしまいました。

本当にありがとうございました。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。