呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁を切る手続きは、簡単だ。

私の手元には、未記入の離婚届が2枚ある。
「離婚だ、離婚だ!!」と、騒ぐ夫のために、
区役所に行ったついでに、用紙を頂いて来たのだ。

「そんなに離婚したいのなら、どうぞ、ご署名を…」

夫に、用紙を突き付けると、

「お前が先に書け。 お前が書いたら、俺も書く」

普段は、自分が一番でないと気に入らないくせに、
この期に及んで、
レディーファーストなんて、可笑しすぎる。

私の中では、別居という選択肢はあるが、
離婚という最終決断は、まだ出来ていない。

強要されても困る。
心が固まっていないから、私は書かない。

「書きたい人が、書けばいい……」

そう言って、私はその場を離れた。

「早く書け!! 逃げるのか!! バカヤロー」

酒が言わせている暴言に過ぎないと、
思うようにしているが、
やはり、心は、ずっしりと重くなる。

そして、そんな時は決まって、
遠い昔の約束が、頭をよぎるのだ。

「…相敬い…苦楽を共にし…」

今の私は、苦から逃れることに躍起になって、
夫婦で助け合うことを放棄しているのではないか。
何か、まだ、方法があるのではないか。

晦日の昼前、夫は、ふらりと家を出て行った。
行き先は、酒類を扱っているドラックストアだろう。

通常なら5~6分で、その店に着くはずだが、
夫は痛いひざをかばいながら歩くので、
3~4倍の時間がかかっていると、思われる。

毎度のことなので、
しばらくの間、戻らなくても気にならなかった。

玄関の呼び鈴を鳴らす音が聞こえたので、
インターホンを取ると、女性の声が……。

「ご主人をお連れしました」

急いでドアを開けると、
見知らぬ中年夫婦に支えられた夫が立っていた。

道端に倒れていたそうだ。
ひざに力が入らず、
一人では起き上がれなかったらしい。

夫の意識がはっきりしていて、近所でもあったので、
家まで送り届けてくれたのだ。

まったく、近所迷惑な病人だ。
酒を手に入れることしか、頭にないのだから。。。。

そういう病気と分っていても、
やはり、ため息が止まらない。

どうしたものかと足掻きながらの年末だった。
スポンサーサイト

【2014/01/13 23:55】 | 病的な飲酒
|

No title.

離婚届、我家にも未記入のもがあります。
男という物はなんで自分が不利になると「出て行け!離婚だ!!離婚届けを貰ってこい」なんでしょうね。
勢いで言って 突きつけられれば逆ギレしかも
女が離婚を口にしたら本気だって分かってないですからね。
普通でも あぁぁぁ~メンドクサイっと思うのに
さらにア症 本当にやっかないな病気になってくれたもんだ、
怒り、理不尽な物言い・行動、覚えていない、諦め、
何故そんなに飲むの、私が悪いの?
もっと早く気づけば、本人も廻りも分かってくれない、
ここから逃げたい逃げられない、どうして・どうして・どうして・・・・
不のスパイラルに陥ります。

親切なご近所の方でよかった?
私ならきっと怪我で流血でもしてるか、動けなきゃいいのに
そしたら病院にとりあえず行けるから。
ご主人様の外見が自宅まで連れて来てもらえる状態なら
まだ回復の余地は有るのでは?

お住まいの地域にアルコール専門病院は無いのでしょうか?
家族が繋がっている事が必要ですよ。
ドクターに話を聞いてもらうだけでも自分の心が少し楽になります。
いざって時にご主人様を受け入れてもらいやすいです。


小吉さんが望んでいるなら仕方ありませんが 
離婚は最後の最後でいいと思います。
家庭の事情が許されるのなら とにかく今は離れること。
本人が回復するためには家族の存在は必要です。
帰る所が有る、誰かが待ってるって希望になるのですね。

うちの旦那は前回の診察でドクターから言われた言葉が効いてるようで
落ち着いています。
TVの旅番組を見てるといつかこんな所にのんびり行きたい
美味しいつまみと酒を少しだけ楽しみたいと言い出しました。
生きてきた半分以上の年月を酒で痛めつけて来たんだから
とにかく今は体を治す事(治らないけど) 
定年になって介護が終わったら色んな所に行こうねっと
このまま続きますようにと祈るのみです。

家の中は私の心、整理しなくては

小吉さん、心身共にご自愛ください。



No title.
通りすがり
「…相敬い…苦楽を共にし」なんて言葉、アル症の前では、意味が無い。昔と今では、状況が違う。
敬うことも出来ないし、「苦」ばかりが現実。
アル症は、病気だけれど、自分で克服しなくちゃいけない病気。頑張ってもいない、治そうとともしない人と苦楽を共に・・なんて、可笑しすぎる。
離婚にばかり、囚われないでまずは自分の出来る事から、一つづつ実行すれば良いのでは?
ご主人をアル症で死なせたいのですか?
それとももう1度やり直したいのですか?

梅 様
小吉
アルコール専門病院、何件か目星を付けております。

私も、「家族が繋がっている事」は必要だと思います。
思っているだけでなく、行動に出なければと、
自分に激を入れているところです。

ご主人様の落ち着きは、大変喜ばしいことですね。
この先も、穏やかでありますよう、お祈り申し上げます。

通りすがり 様
小吉
「自分の出来る事から、一つづつ実行」とのメッセージ、
励みになります。ありがとうございます。

今年は、自分の生活、生き方を、
少しずつ整えていきたいと考えております。



No title.
pon
失礼ながら、きついこと書きます。
ご主人様は間違いなく酒で死にます。
そして、貴女は不幸に酔っている。
昨年10月くらいからブログを拝見してますが、
何も進展していない。違いますか?
貴女には精神科のカウンセリングが必要です。

私のブログを炎上させてもかまいません。
コメントは全部承認します。


ハニハニ
一緒に居ても治りはしない。
だけど離れたところで、
治す自覚が芽生える確信もなければ
早々と最悪の事態がおこるかも。

小吉さんの迷いは
そんな処でしょうか?

先の方が仰る通り、
腹をくくる時が来たのでは
ないですか?
いづれも最悪のパターンを想定して。
ご主人様、
残念ながら末期に思われます。。。

No title.
小吉さん、すっごく迷いました、でも酷いことを敢えて書きます。

ご主人様はあなたの物ではありません
生き死には誰れかがどうこうするものではありません。
でもね、助かるものを手をこまねいて見ているだけじゃいけないんです。
本人も家族も共に居たいと思うならやる時はやらなければ。
私なら立ち上がれないくらいに壁に叩きつけるなり蹴るなりします。
そして救急車を呼んでとにかくどこでもいいから入院させます。
そこで酒害を訴えて わかって貰えるまで訴えて
治療が出来る病院に転院手続きを取ってもらいます。
ご主人様があなたにやられたっと言っても所詮アル中の言う事、
誰も信じません、離脱で錯乱したとでも言えばいいんです。
本人だって覚えちゃいないから。
未だに何処とも繋がらずにいるのなら
早く離れてアル中の人生を全うさせてあげて下さい 
本人もあなたもお嬢さんも息子さんも本望でしょう。

うちだけが大変で壮絶な事ではない 
もっと酷い所も沢山あると分かっています。
うちは飲んだら命取りの所まで来ています
底付きするのを待っていたら死んでしまいます。
私はまだ間に合うと思って 社会人として全うさせたい
夫の両親より早く逝かせてはいけない 
少しづつだけどいい方向に変わって来ています。
時々折れそうになるけど なんとかしようとジタバタしています。

小吉さん、あなたの選択をどうこう批判する気はありません
どうか早い決断をしてあげて下さい。
中途半端な行動は後悔だけしか残りません。

私への批判はいくらされても構いません、私の家にはそれなりの事情があるからこうするしかないんです。





No title.
hisa
年末、非公開コメントでは、最後を次のようにしめくくりました。「小吉さん何も悪くありません。自責は要りません。娘さんの大吉には、小吉さんが元気で幸せであることも含まれています。だから自分勝手に思う必要は本当にないんです。」

今は、心の予定表はどうなったのでしょうか?と思います…

「心の予定表に、物理的に距離をとる日を決めたら、実行しなければならない。巻き込まれていることを自覚したら、どんなに相手につらく当たることになったとしても、離れなければならない。一貫した態度をとることは疲れるけれど、状況を打破するために変化を起こさなければならない。別れるしかない。」と思います。

小吉さん、耐えてはいけないと思います。

No title.
ニケリ
初めまして、昨年からフォローしている者です。
本当のはなし、小吉さんは旦那さんの異常にいつ気付きました?
血液検査よりももっと前ですよね?朝、息のニオイがする。休日の午前中はアルコール臭が・・・休み前だから飲みすぎたんだな・・・旦那さん程飲んでいる人は30過ぎた頃に兆候がでるそうです。

レベル0
ほぼ毎日飲み、休肝日を作れず健康に関して悩んでいる。
飲まないと眠り難く、日々量は増減する。
依存症といえるかの境界。
毎日飲酒するようになって2~3年未満。

レベル1
酒量が増えた状態で安定し、毎日酒宴の場のように飲酒。
健康診断でドクターストップがかかる。
耐性ができているので酔いにくく、特に一人で飲んでいる場合は自分が酔っているのか判断できないことがある。
支出や効率を考え、アルコール度数の高い酒にシフトしていく。
酒を飲んでいないとつまらなく感じ、生活が酒を中心としたものになってくる。
休日は1日飲むことが多いが、このままではいけないと思い一人で節酒や断酒をすることもある。
節酒や断酒が成功するかどうかは意志の強さに委ねられ、人による。
つまみは食べる。家族がいる場合注意を受け、徐々に隠れて飲むようになる。

レベル2
二日酔いの日がほとんどを占める。迎え酒も。
外で飲んだ場合、高確率でトラブルを起こす。
週に2度以上飲んでいる時の記憶がなくなる。
つまみが減る。人によっては失禁する。周囲が異変を感じだす。
離脱症状は軽い場合もあるが、自分の意思だけで酒をやめる事は難しい。
長期断酒で、元の状態までほぼ回復できる限界。

レベル3
世間一般がイメージするアルコール依存症の典型。
ほぼ就寝時以外は飲酒。周囲はすぐに異常を認める事ができ、仕事ができなくなる。
記憶がなくなることが多くなり、また記憶がなくなる幅も大きくなる。
食事自体が減る。この期間が長ければ後々まで障害が残る可能性があり、入院必須。

レベル4
認知症発祥。問題は本人の手を離れ、周囲が負担する。



離れられない理由が。
みかん
心で思っていても、それを実行に起こさずにいる。

ということは、やはり「離れられない。」理由があるから?ですよね。

精神的に参り、鬱病、躁鬱病の気配を、ご自分で感じるのでしたら、カウンセリングに行かれたほうが良いと思います。

悩むお気持ちは、良く解るのですが、ただそこで手招いて、うずうず言っていても、他の方もおっしゃっていますが、何も変わらないんじゃないでしょうか。

だから、勇気を持って、動いて下さい。

じゃなければ、旦那様、本当に死んでしまいます。旦那さまを死なせたい?のですか。


決断の時です。と私も含めて、皆さんがおっしゃるように、随分前からそうアドバイスして来ましたが、私も何も変わって? いないように見えてなりません。

率直にお伺い致します。

動けない理由はなんですか?

小吉さま。

コメントを閉じる▲
いったい、どんな正月になるのだろう。

酒絡みの失態で、例年の如く、
救急病院のお世話になるのだろうか。

子ども達は二人とも、家を出たので、
夫婦水入らず(?)の新年になった。

元旦、夫の隠れ朝酒が始まると思ったが……。

私が自己流でこしらえたおせち料理とお雑煮を、
夫は静かに食べていた。

会話はないが、不機嫌な様子ではなかった。

ふと、箸を持つ夫の手元を見ると、
小刻みに震えていた。

もしかしたら、離脱症状???
夫の中で、何か変化が起きているのかも???

年頭ということで、淡い期待が芽生えてしまった。

その後、夜中の着替えも数日続き、
寝汗の酷さからも、離脱症状がうかがえた。

4日の土曜日は、
新婚の娘夫婦が年始に来ることになっていた。

その頃には、手の震えも治まり、
夫は、ゆったりとしていた。

「おせち、食べに来た!!」

明るく振る舞う娘たちを迎えて、会話が弾む。
楽しく、にぎやかな昼食になった。

私も夫も、久しぶりに、笑ったような気がする。

酒の毒が抜けつつある父の姿は、
娘に、小さな小さな安心を与えたみたいだ。

夫は、一人で断酒に取り組むつもりなのだろうか。

本気で断酒を考えているのなら、
出来る限りサポートしたいと思う。

私は、事前に調べた病院や自助グループを
夫に勧めたくなったが……。

情報の押し売りは、夫をせき立てるだけで、
決して、良い結果をもたらさないような気がして、
はやる心を抑えた。

夫が、依存症治療の話を持ち出さない限り、
私からは、「口出ししない」と、決めた。

見守るといえば、聞こえがいいが……。

夫の出方を拝見させていただくという、
ちょっと、意地の悪いやり方でもある。

夫の力を信じ切れていないのだと思う。

騙されやすい私は、時を経て、
疑り深い女になってしまった。。。。。。

【2014/01/21 22:54】 | 病的な飲酒
|

旦那様
まりも
前向きになってくれたようで、よかったです。続くことを期待しています。自発的に始めたことを評価してあげてください。でも、失敗しても気持ちを平静に。


ときどき読ませていただいております。
のぶ
はじめまして、小吉さん。

なんだか、うるうる来ましたよ・・

どうか、どうか、小吉さんのご家庭に、幸せがおとずれますように・・

心から心からお祈りしています。

まりも 様
小吉
ありがとうございます。

失敗には、慣れておりますので……。
平静さを保つのも、
少しは、上手くなったような気がしております。






のぶ 様
小吉
お立ち寄り下さり、ありがとうございます。

因果な病気ではありますが……。

「大丈夫、何とかなる」と、
自分に言い聞かせて、やり過ごしております。


No title.
yamadagaga
ここまで来られれば、正しいか正しくないかより気持ちが楽な方を選ぶのも一つの選択かと思います。
なるようになります。
そして反省しない事です、難しいですが。
心身ご自愛を。

yamadagaga 様
小吉
「…気持ちが楽な方を選ぶのも…」
「…反省しない事…」

yamadagaga 様のお言葉は、
いつも、私を救って下さいます。

身にしみて、うれしく感じております。

本当に、ありがとうございます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。