呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
「俺は病気だ」
自覚があるような、ないような。

夫は、家で寝たり起きたりで、
時々、こっそり酒の買い足しに出る以外は、
何もしていない。

退院して、2か月が過ぎた。
身体は確実に、もとの酔っ払いに戻っている。

夢も希望もない。。。。。

会社からは「休職通知書」が郵送されて来た。
休職期間は、12か月と明記され、
期間満了日までに復職できなければ、
自然退職となるそうだ。

着々と失業への道を歩んでいる。

「病気だから、働けない。。。。」

確かに、今の状態では仕事は無理だ。
病気を治すことが先決だ。

「病気なら、病院へ行こうよ」

「行かない。 行っても治らない」

いつも、ここで、会話が途切れる。
夫の心は、変わらない。。。。。。

自分が回復するなんて、有り得ない。
自分の力を信じられないのだ。

夫は、自分の不幸に酔っている。
酒だけが心の友と思い込んでいる。

それで、夫がいいのなら、私の出る幕はない。

私が考えなくてはならないのは、
夫の「これから」ではなく、私の「これから」だ。

私が、どうしたいのか、どうなりたいのか。
方向性は、ぼんやりだが、見えている。

P1040941.jpg

ラスト・クリスマス&ラスト・ニューイヤー。
二人で過ごすのは、恐らく最後だろう。

心の予定表に記した。
身の引き締まる思いだ。

【2013/12/04 10:15】 | 病的な飲酒
|


ハニハニ
自暴自棄になっておられる
ご主人様にも
想いが通じず苦渋の決断をされた
小吉さんにも
私の気持ちが切ないです。。。

小吉さん、
寒くなりますので、お身体ご自愛なさって
下さいませ。
よく頑張られました!

No title.
決心されたのですね。 
不思議な事に自分では態度を変えたつもりは無くても相手に伝わる
何かが違うとご主人様はもう感じ取っているかもしれませんね。

出来るだけ早くご主人様を一人ぼっちにしてあげてください。

ご主人様が一日も早く気付き、回復されることをお祈りしています。

寒い時期に厳しい選択をされるのは辛さが倍増するように思います。
どうか小吉様 ご自愛下さいます様に。






No title.
匿名男性
それでいいと思います。
小吉さんはできるだけのことをやり、時間も十分にかけました。旦那さんも一人になれば日常生活も自分でしなければならない、食事・洗濯・掃除など。ここまでアルコールで痛んだ体では十分な回復は難しいとは思いますが、せめて心だけでも元の平穏な状態に戻って欲しいですね。


yamadagaga
辛い状態の毎日をお察しします。
こうなったのは人のせいという他罰的な考え、死んでもいい、あるいは薄々の覚悟、自己憐憫に浸るなど、家族がどう説得しようとも聞く耳持たずでしょう。
病院で聞いた筈の、大腿骨骨頭壊死で歩行不能、あるいはアルコールからのウェルニッケ症、痴呆など、そうそう簡単には死ぬことはできません。
 いまさらですが、断酒会には落ちるところまで落ちながらも、回復した長期断酒者がいます。
私の所属する断酒会では、その人たちが家族の要請で話を聞きに行くことがあります。
本人の経験談ですから、医師の話よりも取りつきやすいと思います。
当然ご主人は拒絶されるでしょうが、淡い期待ですが別の展開があるやもしれません。


ハニハニ様
小吉
ありがとうございます。

これ以上、夫の生き方に口出ししないよう、
自分に強く言い聞かせております。



梅 様
小吉
ありがとうございます。

このままでは、事態は悪化するばかりなので……。
揺れ動く決心ではありますが、
距離を置くことを第一に考えて、準備しております。

匿名男性 様
小吉
ありがとうございます。

私には、夫の存在が重すぎました。
もう、手に負えないというのが、正直なところです。

見捨てたことになると思います。。。。。。。



yamadagaga 様
小吉
「落ちるところまで落ちながらも、回復した……」

yamadagaga 様は、折れかかった私の心に、
いつも、希望の光を灯して下さいます。

ありがとうございます。

No title.
匿名男性
>まりもさんへ
家庭によって事情が違うんですよ。あなたのお母さんはお父さんのDVとかストレスを紛らわすため、という同情の余地があったのかもしれませんが。このブログを最初から読めば、小吉さんの旦那さんを助けることがいかに難しいかわかりますよ。小吉さんとお子さんたちには大きな問題はなにもないし、そういう環境で旦那さんだけが酒におぼれていったのです。


ハニハニ
匿名希望さんに同意します。
私も最初から読破しました。

想いは人それぞれとは思いますが
今現在の小吉さんに
「見捨てないで。。。」とは
とてもとても、
言えませんし、思えません。。。

コメントを閉じる▲
いざとなると、尻込みしてしまう。
ぐずぐずと煮え切らない態度は、昔から変わらない。

夫も私も、ひとりで生きて行く。
環境を変えることで、良い変化があるかもしれない。
娘も息子も、私が別居することに異論はない。

「ママがいるから、パパは甘えてしまって、
 酒の世界に浸っていられるんだよ」

突き放すことが夫への助けになるという、
正論に突き動かされ……。
家の中は、すっきりと片付いたが、
心の中は、まだ、ごちゃごちゃしている。

そんな折、
マイルの有効期限が迫っているから…と、
娘から、旅の誘いを受けた。

まだ、飛行機に乗ったことがない私の
飛行機搭乗デビューが約束された。

母と娘の二人旅だ。

ひどい下痢と両ひざの激痛で歩行困難な夫は、
もちろん、留守番だ。

病人を家にひとり残して、
旅行に出るのは、気が引ける。

それを夫に伝えるのは、さらに、気が重い。
娘もタイミングがつかめず、
まだ、父親に旅の話をしていないのだ。
言い出せなくて、旅は数日後に迫っている。
黙って行ってしまおうか。。。。。

突然、私のいない生活を体験すれば、
夫に、何か気付きがあるかもしれない。

でも……。

身の回りの世話をする者がいなければ、
夫が困って不自由するのは、目に見えてわかる。
私のやろうとしていることは、
わがままな病人への嫌がらせに過ぎないのでは……。

たかが、二泊三日の旅で思い煩っている始末。
別居への道のりは遠いなぁ。

【2013/12/15 22:03】 | 病的な飲酒
|

管理人のみ閲覧できます
-


嫌がらせではありません
hisa
おはようございます。

おそろしくて旅行を言い出せないところが同じで、子供のたちが手から離れても威嚇する父から離れられないわたしの母親が重なりました。「誰が自分の身の回りの世話をするのか」という視点で父が母を責めるのを、娘のわたしは「お父さんが自分がするんだよ」と言ってやりたいですが、父と一緒の時間を過ごすのはわたしではなく母なので、娘としても言い出しにくいという…本当にタイミングがつかめず気持ちが錯綜しますね…

小吉さん、先日、わたし、次のようにコメントさせていただいたのですが、本当に「ぐずぐずと煮え切らない態度のわたしが悪い」と思わないこと、です。…そう思わなくて本当にいいと思います。
「物理的に離れた方がいいというアドバイスがあって、なぜそうしないのかと、余計にご自身を責めていませんか。どうか、どうか、まずは小吉さん自身の自責の念から距離をとってください。 」

ただ、今回は、本当に動いた方がいい…そう思います。置き手紙を考えられていらっしゃるか、それとも、一時的にだから忽然と姿を消してみるという気持ちのほうが強いか、読み取りきれなくて申し訳ありません、両方…でしょうか。いずれにしても、「嫌がらせではない」と、その点だけはわたしの考えとして小吉さんに伝えたくてコメント差し上げました。

No title.
どうぞお出かけください。

決して見捨てるのではありません。
日頃の事は忘れて(難しいと思いますけど)お嬢様と2人旅を楽しんでください。

小吉さんの命の洗濯とご主人様の命の選択の旅です。

ご主人様にキチンと伝えて行って下さい「子供じゃないんだから自分の身の回り位出来るでしょう」って言えばいい。
「病人を置いていくのか」と言ったら病院に行かないのは「誰」?
たとえ「行くな、離婚だ!!」と言ったり暴れたり(そんな体力無いでしょうけど)した所で本人は何も出来やしないし覚えてもいません。

心配ならば小吉さんは連絡せずに 息子さんに一日一度連絡するか様子を見てもらえればいいでしょう。
息子さんはご主人様から何を言われても流し、様子を見るだけ(生存確認のみ)何もしない事です。
本人が病院に行きたいと言った時だけ行動すればいいのです。


小吉さんはこれからの人生を健康で大切に生きて行かなければ子供さん達は本当に辛いです。
子供がいない私には絶対的な味方がいません
小吉さんがちょっと羨ましいです。





やってみないと。
みかん
小吉さんのこれからやろうとしていること。

間違っていないと思いますよ。

躊躇することがあっても、動かないと解らない。

ということも、あると思いますし、やってみてから初めて解った。

と思い、改めて感じることもあるのではないでしょうか。

とにかく。一度、離れてみる。


今は、それが最善の方法だと私も、思います。


レットン
良い流れだと思いますよ。
私の聞いた言葉で、「地獄を見たければ酒を飲んでるアル中の家族を見よ。天国を見たければ酒を止めたアル中の家族を見よ。」というものがあります。私の実生活もその通りなので、この言葉にかなり支えられています。
小吉さんの判断や行動は正しいと私は思います。
悩むのは当然と思います。でも、断酒している皆さんが通ってきた道と思います。
旅行を楽しんで、しっかりリフレッシュしてきてくださいね。

内緒 K様
小吉
ありがとうございます。

無事に旅は終えましたが、
家の中は、思った通りの惨状でした。。。。。

ご家族様お揃いで、
新年をお迎え出来ますこと、何よりです。
よいお年でありますよう、お祈り申し上げます。


hisa 様
小吉
温かいお励まし、ありがとうございます。

hisa様のコメントは、
私の弱い心を奮い立たせてくれました。
本当に、ありがとうございます。

梅 様
小吉
梅様の一言、一言に励まされ、
その温かいお心をかみしめています。

迷いの中に埋もれがちな私に、
進むべき道を示して下さいます。

ありがとうございます。


みかん様
小吉
ありがとうございます。

「やってみないと」
その通りです。
袋小路に迷い込んだような、
今の状況を変えたくて、小さな行動を起こしました。




レットン 様
小吉
いつもお心にかけていただき、
ありがとうございます。

レットン様のお言葉は、
揺れ動く私の心を落ち着かせて下さいます。

本当に、ありがとうございます。

コメントを閉じる▲
口は禍のもとだ。
私には、まだまだ我慢が足りない。
病人相手に感情的になってしまうのは良くない。

娘に連れられて、大阪・京都を旅し、
夫から解放されて、夢のようなひと時を過ごした。

P1060871.jpg
清水寺3

帰宅して、現実に引き戻された。
2泊3日の留守中、
過剰な飲酒が繰り返されていたようだ。

洗濯機の近くに山積みされたパンツは、
どれも汚物付きで、悪臭が漂っていた。

着替えのパンツや寝間着は底をつき、
夫は、夏用のパジャマをだらしなく着用していた。
何とも哀れな姿だが、口だけは達者で、
注文の多い暴君振りは健在だった。

旅の楽しさが一気に吹き飛んでしまい……。

小間使いのように私を呼び立てる夫に対して、
腹立たしさを覚えて、嫌味を並べてしまった。

病人の暴走する言動に、まともに乗って、
ののしり合いが止まらない。。。。。。

アルコール漬けの夫は挑戦的で、
鬼のような形相だった。

「あぁ~あ、帰って来るんじゃなかった!」

「だったら、出て行け!!」

「催促されなくても、
 時期が来たら、ちゃんと出て行きますから……」

P1060881.jpg

娘が清水寺で買い求めた父へのお土産を
私が預かり、持ち帰った。
音羽の滝の霊水は、延命長寿水、諸願成就水だ。

「ご利益のある水だから、
 パパに飲んで欲しいって、言ってましたよ」

夫は、その容器をちらりと見ただけで、
手に取ることもなく、自室へと引き返し……。
その扉を強く閉める音が私の耳に突き刺さった。

京都の寺や神社を回り、
娘とふたり、父親の回復、夫の回復を
どんだけ、願掛けしたかも、ご存じなく……。

夫は、酒だけを抱えて、
酒だけを頼りに生きている。

夫はそういう生き方しか出来ないのだ。
そう思うことで、私は平静を装っている。

おみくじは、正直だ。
私の運は、凶だった。

大吉を引いた娘が、
2枚合わせて、一緒に結んでくれた。

「大丈夫。 足して2で割れば、
 丁度いい『運』になるからネ」


夫の今までの大量飲酒を思えば、
これから先、一滴も飲まないことで、
丁度いいのになぁ~。

願いは伝わらない.。。。。。。。

【2013/12/29 23:55】 | 病的な飲酒
|

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



ハニハニ
我慢と努力は十分になさってますよ。
そんな風に言わないで下さい(´д`)
旅行の写真、赤いマフラーが
小吉さんですか?
こんな言い方失礼かもですが、
小吉さん、可愛い...♡
元々、お綺麗な顔立ちだとは
思っていたのですが、
お写真の表情が可愛らしくて
思わず言っちゃいました。
元々の小吉さんの朗らかで楽天的?
な性格が垣間見えて、そのお顔が
曇りきってしまわぬ事を
切に望みました。
私事ですが、
先月結婚した夫とケンカして、
2日間寝室に籠城しています。
くだらない、ほんとーに、くだらない
自分がしょーもなく思いました。
情けない...
夫が帰って来たら、歩み寄ろうと
思います。スミマセン、有り難う。
ちなみにケンカの原因は
深夜のドン・キホーテではぐれて
置いて帰られた事です(T-T)
アル症関係なくてすみません。。。

内緒 H様
小吉
弱っている夫を眼の当たりにすると、
心苦しくなります。

動じない心を持ちたいと思っているのですが……。
なかなか、うまくいきません。。。。。

いつも、励まして下さり、ありがとうございます。




内緒 A様
小吉
具体的ではありませんが、
用意万端整って、気持ちの整理もついた時と考えております。


ハニハニ 様
小吉
今頃は、もう、仲良しのお二人に戻っていることと思います。

新しい年が、幸多い年でありますように。(^_^)

小吉さん 優しすぎます
織部
医療従事者の専門職です。アルコール依存症は、許してくれる人、病気だから仕方ないと甘やかしている人がいると絶対に治りません。出ていけ!と何回も言われているなら、手切れ金を毎月少しずつでもいいから貰って生活できるお金をもらう念書を書かせて離婚してください。まだ躊躇しているなら以下の方法を試してみてください。アルコール依存症という病名が確定してますから開業医の精神科にいってレグレクト333mgを処方してもらって下さい。アルコール依存症は脳の神経がグルタミン酸の過剰により起こります。この医薬品はグルタミン酸を抑制することにより、飲酒そのものの欲求を抑えます。従来の抗酒剤とは全然違います。7日間我慢して下さい。酒を飲みたいという気持ちがなくなります。薬価は1錠50,1円です。1日3回1回2錠です。3割負担ですからそれほど高価ではありません。あと精神安定剤、レンドルミンでもベンザリンでもサイレースでもマイスリーでもメイラックスでも出せるだけ出してもらって下さい。アルコール肝硬変で死ぬ事はありません。ただし酒をこれから飲まないのが条件ですけども。タバコはやめてください。どうしても吸いたかったら薬局でネオシーダーを買って下さい。280円で20本入りです。タバコとは味は違いますが第2医薬品で、せきとたんの医薬品です。全く同じ吸い方で良いです。ある程度満足はできます。それとノンアルコールを好きなだけ飲ませてあげて下さい。カロリー・糖質ゼロのものです。精神安定剤と一緒に飲むと酔った気持ちになります。私もアルコール依存症です。今はこの手で8月から飲んでいません。妻と子供たちの前で、お前らなんて必要ないから出てけ!と言ったそうです。全く覚えてません。念書を書き酒を飲んだら離婚というところまで来ました。私が何回も暴言を吐いても何となく許してくれていたのですが、さすがに繰り返していたので堪忍袋の尾が切れたようです。今のところは何とか落ち着いています。小吉さんも一度試してみたらどうですか。それでもダメなら、生活の保障だけはしてもらってさっさと別れたほうがいいです。それと下痢ばかりしたり、足首が腫れているのは肝臓が弱っている証拠です。何か質問があれば分かる範囲でお答えしますので、遠慮なく聞いて下さい。それにしても良く我慢してると感心しています。

訂正2件あり
織部
レグレクトではなく、レグテクトです。堪忍袋の尾ではなく、堪忍袋の緒です。それと補足として糖類ゼロのエタノールでも最終的にはブドウ糖(炭水化物)に、なりますから糖尿病を悪化させるだけです。失礼しました。

織部様
小吉
「…許してくれる人、病気だから仕方ないと甘やかしている人…」
今の私そのものです。。。。。。

専門のお立場からのアドバイス、大変、心強いです。
分かりやすく丁寧にお導き下さり、ありがとうございます。



管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲