呑兵衛夫婦の迷走人生を気まぐれに更新中。。。見解に偏りあり(!?)の読み流し物件。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、家にいる。
ずっと、家にいる。

夫の身体は、再飲酒の影響でボロボロだ。
まともに、歩くことも出来なくなっている。
先日は、顔を壁の角にぶつけたらしく、
血だらけで、廊下に転がっていた。

血は止まらなくて、眉毛の所を4針縫った。
瞼は、内出血で紫色に腫れ上がり、
人相が変わってしまった。

こんな顔では、とても、人前に出れない。
会社を休み続ける口実がまた一つ増えた。

でも、おとなしく、ベッドで寝ている夫ではない。
アルコール依存症なので、
酒を切らすことが出来ないのだ。

帽子を深くかぶり、サングラスをかけ、
覚束ない足取りで、酒を調達に行っている。

2か月以上の入院生活は、なんだったのだろう。
認知は、歪んだままだ。

「何で、入院したの」

「痛かったから……」

「痛みの原因は、アルコールだったんでしょ。
 飲めば、また、痛みがぶり返すと思うけど……。
 だから、飲まない方がいいと思うけど。。。。。」

遠回しに、飲酒をたしなめたが、
余計なお世話だった。

酒を止める選択肢は、夫には無いようだ。

「結婚する時に言ったよね。
 俺は、50までしか、生きられないって……。
 それでも、いいかって、言ったよね。
 お前は、それを納得して一緒になったんだろ」

今さら、念を押されても、
聞いたような、聞いてないような。
記憶が定かでなく、返事に困ってしまった。

夫は、もうすぐ、53歳になる。
自分で決めた寿命は終わっているのだから、
後は、余分の人生ということらしい。

残り少ない人生、酒を我慢して、
生き長らえる必要はないと結論付けている。

自分のことしか、頭にない。
自分が飲み続けることしか、考えていない。

そういう病気の真っただ中に夫はいる。
病人相手に、腹を立てても、しょうがないが……。
心は折れる。。。。。

「オーイ。オーイ。聞こえないのか!!
 オーーーーーーイ!!!!!!」

夜半になると、夫の怒鳴り声が響き渡る。

ベッドの上で、横たわったまま、
自分では動くこともままならない。

聞こえない振りをしていると、
叫び声はエスカレートし、近所迷惑に……。

いい加減にしてほしくて、覗きに行くと、

「水を持って来い!!」
「布団を掛けろ!!」
「湿布を貼れ!!」
「トイレに連れて行け!!」

すべて、命令口調だ。
痛みを抱えて、じりじりしている暴君がいる。

今なら、私の方が、腕力も脚力もありそうだ。
蹴飛ばしてやりたくなる。

でも、げっそりと痩せ細り、
苦痛で顔を歪ましている夫を見ていると、
これ以上、苦しみを与えてはいけないように思えてしまう。

ふたりで、怒り合うことはない。

酒の呪縛から離れられずにいる夫。
この先、どうなろうと、決めるのは夫だ。

私のこれからの人生、
どうしたいのか、決めるのは私だ。

距離を置くための居場所を確保する準備に着手。
正しい状況判断が必須になって来た。
スポンサーサイト

【2013/11/04 21:48】 | 病的な飲酒
|

No title.
匿名男性
心労お察しします。
失礼ながら旦那さんの体調は末期に近い状態だと思われます。その苦痛を少しばかり長らえるか、早めに楽にしてあげるか、だけの違いじゃないでしょうか。距離を置かれるのは正しい判断だと思います。

No title.
たらこ
夫の遺産で相殺ですね。そうでもしないと割り合いません、それが生きるため、幸せを掴むためかもしれませんね。りかいできます、そういうの。

できるだけ早く!
通りすがり
『酒の呪縛から離れられずにいる夫』
と、ありますが
『夫の呪縛から離れられずにいる妻』
が、貴女だと思います。

速やかに、その『呪縛』を断ち切り、離れて下さい。

No title.
pon
おはようございます。
更新がないので気になっておりました。

>でも、げっそりと痩せ細り、
苦痛で顔を歪ましている夫を見ていると、
これ以上、苦しみを与えてはいけないように思えてしまう。

「でも…」ここに貴女様の問題があるのではないですか?
状況は違えど、アル症の父親から離れられない私と同じです。
なぜなら愛があるからです。忘れられないのですね。

アル症である私が書くのもおかしいとは思いますが、
ここは「断ち切る」勇気が必要な時なのかもしれません。

応援しております。


ほうき星
なんか死ぬ為に生きているみたいですね

もったいない・・・



yamadagaga
まだまだ構うところに問題アリでしょうか。
体が衰弱し嘔吐吐血、糞尿まみれで寝たきり、それ時でも酒を渇望されるかもです。
あれだけの事をしておき言いながらも、大抵は死にたくないはずで、
本人が助けを求めれば、保護入院をさせてあげるかどうかです。
私の知り合いの顛末ですが、もう一年以上入院しており、退院の目処はありません。
福祉の世話を受けており、生涯含めて経済的にも心配ありません。
ご家族はとても平穏だそうです。
心身ご自愛されますよう。



No title.
嫁。
なぜこうなってしまったのか?
と嘆いてもどうにもならないのはわかっていても涙がでそうです。
酒をやめれば、酒さえ飲まなければと何度思われたことか・・・。
考えても考えても答えは見つかりません。
もう全てを断ち切り、強制入院しかないかと思われます。
まだ53歳です。お孫様のお守りもしなくちゃですよ。
はがゆいですね。

何とも言えません・・。
みかん
心の奥底に、やっぱり愛があるから、思い切れないのですよね?

心中、お察し致します。

でも、皆さんのおっしゃる通り、ここまで来ると、旦那様には、死しかないように思います。

旦那様は、生きたくないのでしょうか?
53歳は、まだ十分、若いです。

強制入院、出来ると良いのでしょうが、今は無理そうなのは、解ります。

どなたかの信頼出来る方の、第三者の方の力を借りて、旦那様を再び、入院させる手立てを考えたほうが良いかもしれませんね。

お二人だけだとどうしても、互いに迷いや甘えが出て、足を歩ませるのを躊躇されてしまうでしょう?

駄目でしょうか?
うーん、本当に。私も歯痒く感じます。

No title.
芝犬
こんにちは。
小吉さんの記事を拝見すると胸が痛くなります。
旦那さんの生きる意志をもって入院されるのが一番良いかと思いますが・・・瀕死状態で救急車を呼んでも「本人が病院に行きたくない」と意思表示すればそのまま放置になってしまいますね。
本人が「病院に行きたい」と言うか、「意識が無い状態で病院搬送」かの二者択一かもしれません。
私も両親でそのような経験をしました・・・


たらこ
残念ながらご主人様は
「断酒して生きる道」は眼中に無く
「飲酒して死ぬ道」を選択されて
いる様に感じます。

小吉さんの選ぶ道は
「最後の時まで側で見ているだけ」か
「最後を迎えた後に"処理"をしに行く」
のどちらかしか無いかもですね。

どちらを選択しても
小吉さんは決して悪くはありません。
よーーーく信じて頑張られたと
感服致します。

こんな時にナンですが、
一度、映画『リービング ラスベガス』を
ご覧になってみては如何でしょうか。
飲み続けて死ぬ事を選んだ男と、
納得した筈で愛した女の悲しい話です。

息抜きにもなりませんが、
それが現実かも知れません。。。


コメントを閉じる▲
11月7日は、夫の誕生日だった。
嫁いだ娘も、父へのプレゼントを携えて、
家に戻って来た。

バースデー・ケーキには、53歳分のろうそく。

体調の悪い夫は、口数も少なく、
用意されたご馳走を半分ほど食べると、
そそくさと自室に引き上げてしまった。

これまでで、いちばん地味な、お誕生日会だった。

娘が泊まりに来ているのに、
夫は部屋に籠り、ほとんど顔を出さない。

娘とのお喋りを楽しんでいると、
苛立出しく私を呼び付ける夫の声が……。

中途半端にアルコールが入っているようで、
小さなわがままが目立つ。

父の命令に服従し、
家の中を行ったり来たりする母の姿を、
娘は哀れに思ったのかもしれない。

後日、娘から、長い長い携帯メールが届いた。

『パパのこと、
 どうしていったらいいかは、 本当に難しいけど、
 このままじゃママが辛すぎると思う…
 アタシはそっちの方が心配だよ。

 ママは優しいから、逃げ出したくても
 ギリギリまで耐えちゃうかもしれないけど、
 ギリギリの一歩手前で方法変えてみるのもありだと思うよ。

 それでも何も変わらないパパだったら、 
 本当に悲しいし悔しいけど、
 期待してるこっちも、期待されてるパパも、
 辛くなるだけだから、諦めるしかないよね。

 冷たいかもしれないけど、試してみなきゃわかんないし。
 まぁ、試した結果が最悪の方向だったらって考えると
 本当に辛いけどね。

 でもママが、もしパパと距離を置くことにしても、
 ママは本当に優しいから、
 見えないところのパパが心配で、そっちの方が気になって、
 気持ちが休まらないかもしれないし…。
 って考えると何が最善の方法なのか
 全然わからなくなっちゃうんだけどね。

 だから、一番パパと長くいて、
 ずっと一緒に生きてきたママが決めた答えが、
 やっぱり正しいんだと思う。

 結局なんのアドバイスにもならないけど…。

 でも、長くいたせいで情とか湧いちゃうし
 見捨てられないって思う気がするから言うけど、
 ママはもう充分頑張ったと思うよ。
 
 ママは意外と、
 いろんなことを途中で投げ出さない人だよね。
 でも、今回のことは投げ出したうちに入らないと思うよ。
 
 パパの復活とママの休養を兼ねてって思えばいいじゃん!
 パパがやる気出したら、
 また一緒に頑張ることだってできるし!
 ママの行くとこなければ、うちに来ればいいし。

 今まで、パパのやる気出させるために頑張ったじゃん。
 でも、パパはやる気出ないじゃん?

 だからこのままじゃ変わらないんだよ。
 変わりたいと思っても変わり方わかんないんだと思う。
 タイミングとか気持ちの整理とか。
 今の状況じゃ踏み切れないんだよ。
 パパにとっては全然極限じゃないんだよ。

 今の状況で良くなれ、頑張れって言うのは、
 もしかしたらパパにとっては酷なことなのかもしれないね。

 本当に難しい選択だけど、 
 アタシはママに元気で楽しくいてほしいと思うから。
 パパもそうだけど、
 ママにとって最善の方法を選んでほしい。

 急かすつもりも、
 なんか行動しろって強要するつもりもないよ。
 ただ思ったこと言っただけだから、ね。』

読みながら、途中、何度も文字が霞んでしまった。
娘から救いの手を差し伸べられて、私の心が癒されていく。
こんな娘を持って、私は本当に果報者だ。

大切なことは、軽々しく即断してはいけない。
冷静であることが重要だと思う。
最善の方法を模索している。

【2013/11/14 23:03】 | 病的な飲酒
|

No title.
hisa
泣きながら読みました。
小吉さんの心が癒されていく、というところには泣きながら嬉しくて…
最後の冷静であること、と締めくくった小吉さんを、心底、応援しています。


No title.
yamadagaga
極限ではないかも知れないというところは、よく見られていると思います。
ご主人にとって起死回生できるかもといういい意味でも、小吉さんにとってまだまだ苦労は続くと言う意味でもです。
娘さんのいるアル症は回復すると言う事を、香川県の三光病院市川先生がおっしゃられています。
決断は小吉さん次第ですが、ここまでされれば
後悔は無いものとしましょう。
心身ご自愛を。


No title.
tonko
いつも拝読させていただいていました。
香川県三光病院の市川先生のお名前が出てきたので、思わずメールしました。
先生は「本人が断酒会などの自助グループに参加しなくても、家族が断酒会に参加しなさい」とおっしゃっています。
私もその言葉に励まされて、一人で断酒会や研修会に参加しました。
同じ苦しみや悲しみを分かち合える人々がいてくれて、話を聞いてくれることでずいぶんと気持ちが楽になりました。
小吉さんの揺れる気持ちは痛いほどわかります。とにかくお身体だけは大切にと祈る気持ちです。

No title.
通りすがり
アルコール依存症の者です。(今は断酒中です。)
いつまで、温いことを言っているのですか?
ブログに模索中なんて、悠長に書いている感覚が信じられません。
娘さんも相当な決意でメールを送ったのことさえ、気がつかないのですか?
自分の本当の父親を見捨ててもいいとまで娘に言わせているんですよ。
小吉さんがいつまでも世話をしている限り、極限は一生来ません。
最善の方法をじっくりなんて言ってる余裕なんてありませんよ!
アル症患者に期待なんてしても本当に無駄です。
それでも、見守りたいなら、措置入院をさせて、あとは、一生病院で過ごせるようにするしかないですね。死ぬよりはましでしょ?

No title.
匿名男性
最終的には小吉さんが決めることですけど、息子さんと娘さんの精神的負担を軽くしてあげるのが最優先では?つまり小吉さんが旦那さんに振り回されない環境に逃げることです。旦那さんの体調はリハビリして回復といった段階を越えてると思います。重い肝硬変と糖尿病、不可逆の瀕死の状態です。入院させたり看病すればするほど、苦しむ期間が長くなります。お子さん達にしてみれば、母親まで共倒れになることはなんとしても避けたいと思ってるはずです。早めのご決断を。

No title.
無記名
とりあえず、息子さんはその環境から
解放してあげてください。

小吉さんとご主人に関しては
ある意味、どっちもどっちの自業自得です。

暫く別居されてみては?
みかん
みかんです。

ご決断、迷われているようですね。

娘さんのメール。

読んでいて、うるっと来てしまいました。

小吉さん。
同じ女性として、言わせて頂きますが、小吉さんは、とても頑張っておられると思います。

もう十分、旦那様には、誠心誠意、尽くされてきていますよね。

娘さんの言うように、暫く離れて暮らされてみてはどうでしょう?

互いに一緒にいるから、甘えと未練が先に立ってしまって、その場で動けなくなってしまっているのですから、少しの間。

離れてみると、互いにとって、本当に必要な関係なのか、見えてくるかも知れませんよ。

小吉さんに、とっては、少しの間、離れて暮らす、暮らしてみる。という決断も、容易ではないのは、解ります。
でも、今の現状を少しでも、変えるには、やはり小吉さんが動くしかないように思います。

No title.
メイ
先日精神病院入院中の弟と面会してきました。
以前に比べると顔色も良く、体調も安定しているようでした。

ふと、アルコールについて聞いてみました。
さすがにもう飲みたいとは思っていないだろうと。
すると「自分がアルコール依存症だと認める。」「体調がいいせいか、天気がいい日は外でビールを飲んだら旨いだろう。飲みたいなと思うよ。」と言っているのを聞き、心底驚きました。

まだ40代で、老人ホームを経て精神病院に入院し、もう一生普通の生活を送ることはできないとわかっているはずなのに、その原因となったアルコールを今だに飲みたいと思うとは。
脳出血で倒れた昨年1月31日以降、一滴もアルコールを摂取していないのに、彼の脳は今だにアルコールを要求しているのかと。
脳出血により高次脳機能障害を発症し、記憶力、判断力、知能の著しい低下があるので、自分のおかれた状況を正しく理解していないということもありますが、自分がアルコールのせいで病気になったことはわかっています。
アルコール依存症の怖さをつくづく思い知らされました。

失礼ながら、ご主人様はもう短期の入院で回復できるという段階ではないのではないですか?
娘さん、息子さん、そして小吉様に一日も早く心の平和が訪れますよう、祈っております。







ハニハニ
「パパの事を一番長く見守ってきたのは
ママだから...」と娘さんは仰ってますが、「パパを見守るママ」を一番長く見守ってきた同性は、娘さんです。
小吉さんからしたら、娘は娘、いつまでも
親の保護の元...と云う想いがおありかも
ですが、キャリアは違えど今は同じ妻の
立場。娘さんの言葉は、同じ女性として
の提案に感じます。
娘さんは「次はパパに孫を抱かせたい」
想いはおありだったと思いますが、
「だからママ、もう少し頑張って!」
とは仰っていません。
お誕生日会の事で腹を括られたのでは
ないでしょうか?
優しく情深く小吉さんの背中を見て
育った、同じく優しく情深い娘さんの
言葉は、小吉さんの背中をそっと押して
いる様に、私は感じました。

決断の時ではないですか?

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
「いつまでも、親の側で甘えてるんじゃない。
 さっさと、家を出て、自立しろ!!」

いらいら八つ当たりする時の夫の口癖だった。

「出て行ってくれ!!
 いつまで家にいるつもりなんだ!!」

契約社員の息子は、経済的に苦しく不安定だ。

でも、安眠できない家で暮らすよりマシと考え、
夫には相談せずに、息子と二人で、
安い1Kのアパートを探し回り、契約した。

夫の誕生日が過ぎた週末、
息子は、こっそりと引っ越しした。

夫の希望通りに事が運んだのだ。
なんの文句があるというのか。

息子の姿がない家で、
ますます、夫は機嫌が悪い。

「稼ぎもないのに、部屋を借りて、
 あいつは、やっていけるのか!!」

「パパが出て行けと言ったんでしょ。
 今更、心配することもないでしょ。
 もう、あの子が決めたことなんだから……」

確かに、見切り発車のひとり暮らしだ。
しかも、生まれて初めての……。
私が、箱入り息子に育ててしまったのだ。
夫の心配は私の比ではない。
誰よりも、息子の暮らしを案じている。
息子に、付いて行きたいくらいだ。

でも、母親が付きまとい、
息子の生活を邪魔するわけにはいかない。

大酒飲みの夫を選んだのは、私だ。
酒に取り付かれ、変わり果ててしまっても、
まだ私の夫である。

体中が、酒毒でボロボロで、痛い所しかない。
神経は、絶えずピリピリしていて、
私へのあら探しが止まらない。
意地悪く、しつこく、責め立てて来る。

元気な酔っ払いなら、
とっとと、置き去りにして、
本人の目覚めを待ちたいところだが……。

今の夫は、立ち直るどころか、
自滅してしまう勢いなのだ。

夫を一人残して、家を出るには、
時期を逸してしまったように思えて……。

臆病風に吹かれたまま、
私は夫の周りをうろうろしている。

ただ、地獄の道連れは、私一人でいい。

娘は嫁いだ。
心優しい伴侶を得たので、一安心だ。
息子も、自立への一歩を踏み出した。

これ以上、親の病気に巻き込まれることなく、
自分の人生を第一に考えて、生きて欲しい。

私のやり方は、生温いのかもしれない。
結局、私も夫も、半人前ということなのだ。

一人じゃ生きていけないから……。
だから、文句を言い合いながらも、
まだ、いっしょにいるんだと思う。。。。。

【2013/11/20 19:27】 | 病的な飲酒
|


レットン
とても苦しんでいるようですね。
でも…
確かに旦那さんを選んだのは小吉さんです。でも変わり果ててしまったのは旦那さんの責任だと思います。勘違いだったら大変失礼ですが、小吉さんは今とても悩んでいて結論は出ているのに、あと一歩踏み出せないでいて、誰かに背中を押して欲しいように感じます。そして私は小吉さんの背中を押してあげたいです。
息子さんの迷惑になりたくないと言うのも本心だと思いますが今は非常事態です。
私は小吉さんのためには息子さんと一緒に生活された方が良いと思います。そして今のままでは旦那さんはずっと小吉さんに甘えて飲み続けるだけだと思います。
私は家族に強引に病院に連れて行かれましたが、三度の入退院を繰り返して、徐々に病気の悪化・進行を実感して断酒の決意が出来ました。決意が出来たと言っても悩み苦しみながら、前進と後退を繰り返して、ようやく前に進めました。
最悪の事態も覚悟しなければいけないと思いますが、これまで実行した事のない手段を取るべきではないでしょうか?

No title.
きばなコスモス
お久しぶりです。いつも読ませていただいてます。
とりあえず、娘さん、息子さん独立よかったですね。
子供さんには自分たちのことを考えてもらったほうがいいと思います。
うちも次男が地方の大学に入ってから、就職も地方で
子供たち全員独立しています。特に次男が一番父親の飲酒で嫌なところを見てしまいました。たぶん何年か前から飲酒をすると記憶が無くなり私の言っている事がよくわからなくなり、私に文句を言いました。次男には可哀相なことをしたと思います。地方の大学をえらんだのも、うちから少し離れたいということをちらっと私に言ったことがあります。
小吉さんもこれから二人で向き合って暮らすことになるのですね。うちの義弟もアルコール依存症で44才で亡くなりました。亡くなる2・3年ほど前から身体中痛くなり、最後の入院では義母が毎日のように病院にいってマッサージをしたそうです。
糖尿もあり。腎臓透析もあり最後の1年ほどはうちに来ても痛みがあるのですぐお風呂に入り、後は座椅子でだるそうに目をつむっていました。ご主人なんとかもう一度入院してやり直せればいいのですが

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


No title.
hisa
わたしにもアルコール依存症の旦那がいます。気が立っている旦那、自滅に向かう旦那、どうしていいかわからない、結果としてなのか何なのか自分は旦那と一緒にいるという状態、わかります。

旦那からの攻撃.あら探しされて、何でっていうくらい、酒にのまれている割には旦那の言い分が的を得ていたりするから、ひとつひとつに反応してしまいますよね。

小吉さん、物理的に離れた方がいいというアドバイスがあって、なぜそうしないのかと、余計にご自身を責めていませんか。どうか、どうか、まずは小吉さん自身の自責の念から距離をとってください。

文章を書き、まとめ、ブログにアップするというのは、外部への情報発信という形で、小吉さんがSOSを出せているということだと思います。自分にできていることがあると、まずは、そう思ってください。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


レットン 様
小吉
私と夫のことを案じて下さり、ありがとうございます。

「あと一歩踏み出せない……」

夫から離れることを前提に、身辺整理を始めて、
不用品の処分は着々と進んでおります。

私が居なくても、物のありかがひと目でわかるよう、
家の中を整頓している自分に呆れています。

まったく、どこまで、おバカなのか。

「これまで実行した事のない手段」の必要性は、
充分感じております。
決行については、一応、
自分の中で思い描いている時期はあるのですが……。



K様
小吉
私の心の内を、何もかも、お見通しのようで……。

あなた様の問い掛け、ひとつひとつを噛みしめながら、
自問自答しております。。。。。。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。