酒、人を呑む 「蛙の子」

人生とは、まことに、遣る瀬無いものだ。

我が家の箱入り息子は、大学生になった途端、
箱から飛び出してしまった。

昼間は、小遣い欲しさのバイト三昧。
夜は、高校時代の仲間と夜遊び三昧。

大学へ行っている気配がない。

初めのうちは、ぶつぶつと説教していたが、
もはや、母親の言うことを聞く年齢ではない。

夫に相談すると、
「ほっとけばいい」と、つれない。

気が抜けてしまい、
息子の行動に口を挟むのをやめ、
静観し続けること、数か月。

ついに、
息子の堕落した生活に、天罰が下った。

その日、深夜に帰宅した息子は薬箱を物色。
「全然、薬が効かない。。。」
と、腹を抱えてうずくまっていた。

「今、飲んだばかりでしょ。
 もう少し、様子を見た方がいいよぉ~~」

呑気な母親にしびれを切らした息子は、
自分の携帯電話で、救急車を呼んでいた。

事の重大さに気付いた時、
すでに夫は、酔いが回って爆睡中。

そこそこ酔ってはいたが、
起きている私が、息子に付き添うしかない。

救急車が到着し、
息子は救急隊員に抱えられ、エレベーターに乗った。

自宅はマンションの3階、
私は階段を走り降り、最後の数段を踏み外した。

思いっ切り、尻餅をつき、
あまりの痛さに、酔いが吹っ飛んだ。

腰をさすりながら、救急車に同乗したのだった。

救急病院の処置室に通されると、
男性医師が、息子の食べた物を聞き取り開始。

「お酒も飲んでいるみたいだね」

「少し。。。。」

どうやら、居酒屋で友達と酒盛りしていたようだ。

内緒の飲酒が、私にばれてしまい、
息子は、罰が悪そうな顔をしていた。

「未成年(18歳)のくせに、飲んでるから、
 罰が当たったんですよ、ね」

私は意地悪い言い方で、医師に同意を求めた。

「おそらく、ウイルス性の急性胃腸炎ですね。
 今回は、急性アルコール中毒の症状ではないので、
 お酒の飲み方は、ご家庭で指導して下さい。
 でも、もう、大学生ですから、
 多少のお酒はねぇ~~、ありでしょう」

先生も、いける口のようだ。
お酒に甘すぎる。

結局、点滴による絶食治療で、3日間入院。
病院代、3万7千円也。

くれぐれも、酒の飲み過ぎには気を付けるよう、
領収書を息子の机に張り付けて、注意を喚起した。

その1年後、
息子は、大学サークルの飲み会で、
またもや、救急車のお世話になり、入院した。

今度は、正真正銘の急性アルコール中毒だった。

その時の息子の言いぐさが……。

「おかしいな。
 パパとママの子だから、酒は強いはずなのに……」

確かに、蛙の子は蛙だ。
酒に目がなく、酒に卑しすぎる。。。。

現在、息子は26歳。

仕事を終えた後、コンビニに立ち寄り、
缶チューハイ、大小2缶が入ったレジ袋を、
ぶら下げて帰って来る。

夫がアルコール依存症治療で入院した日に、
我が家にあった酒を全て処分し、
以来、酒の買い置きはしていないので……。

息子は、自分の分だけ買い求め、
自室で、こっそり飲んでいるのだ。

蛙の子は蛙。

なぜか、息子の将来が、
夫とダブって見えてしまい、不安が募る。。。。。

酒、人を呑む 「取り繕う」

人生とは、まことに、無責任なものだ。

夫が、ただの大酒飲みだと思っていた頃、
忘年会シーズンが、私の唯一の休肝日だった。

アルコール漬けの夫からの帰るコールに備えて、
焼酎の代わりに、番茶を何杯もおかわりして、
私は、夫からの呼び出しを待っていた。

車の運転は苦手だが……。
夫を無事に家に連れ戻すのが
妻の役目と思い込んでいたので、
夫が戻るまでは、晩酌はご法度を貫いていた。

夫は、私の運転技術をまるで信用していない。

しらふの私よりも、酔ってる自分の運転の方が、
はるかに安全と思っている所がある。

そんなわけで、その日も、夫は私を呼び出すことなく、
会社近くの居酒屋から自宅まで6キロ余りを、
千鳥足で何時間もかけて帰って来た。

「酔っ払ったよ~~ん、あ~~、酔っ払った~~~」
と、かなりのハイテンション。

そんなの見れば、すぐわかる。

さっさと寝てほしくて、着替えを急がせると、
服のポケットから、煙草やら財布やらを取り出しながら、
またまた、騒ぎ出した。

「あれ~~~、なんだぁ~~、これ?」

車の鍵や家の鍵など5本分が、
ひとまとめになっているキーホルダーを高くかざした。

本来の夫の鍵一式は、ズボンのポケットから出て来た。

どうやら、一緒に飲んでいた同僚の上着を着て、
夫は、帰って来たようだ。

慌てて、同僚に携帯電話して、鍵の件を伝えるが、
ろれつが回っていない。
同じことを何度も繰り返していた。

「なんで~~~、おめぇ~の鍵が、
 俺のポケットに、入ってるんだぁ~~~。
 いらねぇ~~~のかぁ~~~」

夫が、服を着間違えたくせに……。
さすがは、酔っ払い、いい加減だ。

この後、夫は、死んだように爆睡し、
朝の出勤時間になっても、目を覚まさなかった。

家の固定電話が鳴り響いて、
会社からの着信を知らせていたが、
私は、電話を取らなかった。

何度も掛かって来て、うるさかったので、
私は、ファックスを送信してしまった。

「夫は、ただ今、死んだように眠っております。
 三途の川原を散歩しているようですが、
 今しばらくすれば、この世に戻ると思われます。
 生き返りましたら、連絡を入れさせます。
 ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、
 それまで、お待ち下さいますよう、お願い申し上げます」

私は、夫の不始末を取り繕う妻だった。
夫が飲める環境を作っていたのだった。

私も夫も、ただの酒好きだと信じていた、
あの頃が懐かしい。

愉快な酔っ払いだったのに……。
もう、飲んではいけない身体になるとは……。

好物をあきらめるのは、至難の業だ。
酒が命とばかりに、
偏ってしまった頭と体では、難しすぎる。。。。。

酒、人を呑む 「紛失物」

人生とは、まことに、羞恥なものだ。

2010年5月、
夫は、自身の体調不良を無視出来ずにいた。

月末に、社内のAさんが、
フランス料理の小さなレストランを貸切にして、
結婚報告を兼ねたパーティーをするという。

当日の司会進行役を頼まれた夫は、
万全の体調で、その日を迎えたかったのだ。

夫は病院嫌いを返上して、地域の総合病院を受診した。
内科の特効薬?を希望していたのに……。
持たされたのは、
アルコール依存症治療で有名なK病院への紹介状。

夫は治療に背を向け、節酒で何とか体調を維持し、
パーティーの司会役をこなしたのだった。

夫のお目付け役ではないが、
そのパーティーには、私も招待された。
アットホームな雰囲気の中、
祝杯のワインをおかわりして……。

ほろ酔い加減の私は、
夫の会社の方たちと、2次会へと流れた。

今度は中華、紹興酒!!
次は居酒屋、日本酒!!

結婚披露にかこつけた、呑兵衛たちの宴が終わり、
まず、一番酔っ払っている人をタクシーに押し込み、
次に酔っ払っている人もタクシーに乗せ……。

皆がタクシーに分乗したのを見届け、
私たち夫婦はバスで帰宅すること……。

駅前のバス乗り場に向かう途中で、
私は、自分が手ぶらであることに気が付いた。

「バッグ、さっきのお店に置いて来た!!」

携帯電話も財布もバッグの中。
財布には、クレジットカードも免許証も入っている。

酔っ払っている上に、さらに、
気が動転した私は、バッグを求めて駆け出した。

慌てて居酒屋に戻り、尋ねるも、
「忘れ物は届いていない」と、店員はつれない返事。

もしや、中華屋の方に置き忘れたかも…と、
行ったり来たりしている間に夫とはぐれてしまった。

バッグは見つからない。
夫も見つからない。

取りあえず、家に戻ろることにした。
一文無しなので、徒歩で…。

この駅前からは、真面目に歩けば、
20分足らずで、自宅に戻れる。

ハイヒールにツーピース姿のおばさんが、
手ぶらで蛇行しながら歩く様は異様だったのだろう。

気が付けば、通りすがりの女性が、
私の腕を支えて、一緒に歩いていた。

久しぶりに、飲み過ぎてしまったようだ。
とんだ失態だ。

私もアルコール依存症!???
夫婦でアル中なんて、自慢出来ない。。。。

酒、人を呑む 「紛失物、その後」

人生とは、まことに、鈍感なものだ。

「大丈夫です。ありがとうございます。
 大丈夫です。大丈夫。。。。。。」

へらへら笑いながら、
同じ言葉を繰り返すだけの私は、
はたから見れば、異常だ。

ふらつく私を支える若い女性は、
優しい口調で教えてくれた。

「大丈夫じゃないですよ。
 真っすぐ、歩けていませんよ。
 膝から血も流れていますよ」

指摘された足を見ると、確かに血が…。  
でも、ぜんぜん、痛くない。 その時は…。

歩き疲れた私が地面に座り込むと、
その女性も、しばらく寄り添っていてくれた。

そこへ、息子の運転する車が通りかかり…。

慌てて、車から降りて来た息子は、
酔っ払いの母親を気遣う親切な女性に、
何度も何度も頭を下げて、お礼を言っていた。

いい具合に息子に出会えたと、偶然を喜んでいたら、

「バッグを預かっている人から、電話があったんだ。
 今から、ママのバッグを受け取りに行くよ」

バッグも見つかった!? なんて、ラッキー!!
酔った頭では、ややこしいことは考えられない。

「よかったねぇ~。よかったよぉ~~」

私は、助手席で、ひとり、はしゃいでいた。

こうして、バッグも私も、息子の運転する車に乗って、
無事に帰宅することが出来た。

家に戻ると、一足先に帰っていた夫に叱られた。

「なんで、一人で、ふらふら、行くんだ。 
 2時間近く、駅の周辺を捜し続けたんだぞ!!」

申し訳ないと思ったけど、
酔いが回って、起きているのが辛い。

「ごめん、ねむた~い、寝る!」と、叫んでしまった。

「とっとと、寝ろ!」と、言ってくれたので、さっさと寝た。

翌朝、体中の痛さで目が覚めた。

左足の膝には、かさぶた。
左足太ももの付け根は、広範囲に青紫色に変色。
左手の肘から下も大きなすり傷と、大きな青あざが…。

祝宴後、酔っ払いのおばさんに大変身して、
周囲の方々に、多大なご迷惑をおかけし、
自身の体にも、知らぬ間に、打撲傷???

反省することがありすぎる。

息子に出会えたのは、
私の家の電話番号を聞き出してくれた女性が、
自分の携帯電話を使って、
私の様子を家に連絡してくれたから。

私のバッグは、タクシーの中にあったそうで……。
酔っ払いをタクシーに押し込むのを手伝った時、
バッグは私の手から離れ落ち、後部座席へ……。

手を引いてくれた、見ず知らずの若いお姉さん。
バッグを届けてくれた、タクシーの運転手さん。

みんな、親切で、なんて、いい人なんだろう。

酔っ払っていた私は、彼らの顔を思い出せない。
息子が、丁寧に対応してくれたようだが……。
世間様に親切にしてもらったご恩は、
ちゃんと、世間様にお返ししよう。

私 「あの時のお姉さんのように、
   困っている人には、優しく温かく、迅速に、
   手を差し伸べることが出来る人になります」

夫 「それは、お前には、出来ないな」

私 「なんで?」

夫 「お前の性格じゃ、無理だ」

いったい、夫は、私のことを
どんだけ、性悪な女と思っているのか。。。

でも、大体、当たっている。

アルコールに躍らされ、困っているであろう夫に、
私は優しく手を差し伸べる術を持っていない。

夫は、アルコールの底なし沼にハマったままだ。
しかも、日に日に深みにハマって、身動き出来ない。

それに引き換え、この私。
あれ以来、外での飲酒は自重し、
自分の身体だけを大事に労わって……。

ひと様の痛みには、鈍い性格だ。。。。。

酒の切れ目

夫の酒の飲み方、酔い方が、おかしい。
不安を覚えてから数年後、夫は体を崩した。

まずは、急性膵炎で20日間ほど入院し、
次は、アルコール依存症で2か月間入院した。

夫の発病で、酒は、一気に悪物になった。
我が家では、酒は飲んではいけない毒物に指定された。

酒の切れ目が縁の切れ目なのだろうか???

いっしょに飲んで騒いでいた時は、口論もしたが、
笑い声もいっぱいあったように記憶している。

晩酌が消えた二人の食卓は、会話もなく、さっさと終了。
夫は、すぐに自室に引き籠り、隠れ飲酒状態だ。

二人の間に酒がなくなれば、繋がりも切れて……。

つくづく、私たち夫婦は、
酒で成り立っていた関係なのだと思い知らされた。

P1050117.jpg

酒の誘惑に勝てない夫。
私は、酒に夫を取られたままだ。

古女房に魅力がないのは、世の常?だが……。

それにしても、相手が酒とは……。
手ごわすぎる。

酒は、この世からあの世へと、夫を連れ去る勢いだ。

夫の隠れ酒の気配を感じながらも、
我関せずと、私は平然を装うよう努めている。

飲むのも、やめるのも、決めるのは、夫だ。
わかっちゃいるけど、しんどい。。。。。

前置き

「お前の話は、前置きが長い。
 結論から、先に言ってくれ」

話の途中で遮られた。
夫の苛立つ顔を目の当たりにして、
私は、言葉に詰まってしまった。

夫の性格が、どんどん変わっていく。

アルコール依存症と診断されたのをきっかけに、
酒の買い置きを止め、晩酌も無期限の中止。

飲まない生活を、
二人三脚で頑張ろうと決めたはずなのに……。
日毎に、夫は不愛想になり、重苦しい空気が漂う。

少しでも明るく楽しくと、話題を振りまいたつもりが、
話の結論を急がされる始末。。。。。

以前は、漫談のような私の話に付き合って、
よく、ボケを入れてくれた夫だったのに……。

くだらないお喋りに付き合わされるのは、
「まっぴら、ごめんだ」ということらしい。

確かに、私の話は、
おもしろ可笑しく盛りすぎて、脱線気味だ。

でも、話したい内容の結論を先に言ってしまえば、
脚色は不要、笑いも取れない。。。。。

私は、笑い声が好きだ。
笑い声には、人を幸せにする力があるように思える。

夫の病状は、決して、笑っていられるものではないが、
笑うことで免疫力もアップするとか???

テレビのお笑い番組にも、無表情の夫。
笑わない夫。かなり、重症だ。

P1060220.jpg

結局、夫は、断酒に失敗し、
私の見えない所で、飲み続けている。。。。。

酒が切れているわけではないのに、
イライラと怒りっぽく、取り付く島もない。

ままならない自分に腹を立てての八つ当たりだろうか。

私は、そんな夫の顔色を窺うようになり……。

必要最低限の話さえも、話し出すタイミングがつかめず、
夫に伝えないままに、やり過ごすようになって……。
お茶の間から、笑い声が消えた。

「結論から、先に……」

夫自身の結論は、もう、決まっている。
二度と酒を飲んではいけない身体に、
なってしまったということ。

分かっているのに、ぐずぐず先延ばしにして……。

本当に、前置きが長すぎる。
似た者夫婦だ。。。。。

料理人

嫌な予感は、していたのだ。

12月22、23、24日と3連休の夫。
相変わらず、日中は寝たり起きたりで……。

食欲がないと言いながらも、
夜は、少なくない量の夕食を食べている。

満腹になると、眠気が来るらしく、
その時期を逃さないよう、床に入って、ひと眠り。

睡眠導入剤を飲んでいるのに、
しっかり、アルコールも飲用しているので……。

とにかく、眠りが浅いのだ。

土曜の深夜、ふらふらと起きて来た夫は、
冷蔵庫内の野菜を手当たり次第に抜き出すと、
細かく刻み始めた。

その間、冷蔵庫の扉は開けたまま。
注意力散漫なのは、酔っているからなのだろう。

鍋に切った野菜を入れて炒め、
その中に、チーズやハムや卵も投げ入れて、
水も加えて、沸騰させていた。

カップうどんの封を開け、その中身も鍋の中に……。
仕上げに、ラー油、タバスコ、七味唐辛子、黒胡椒を
力の限り、振り入れて……。

ふざけているとしか思えない。

体に悪そうな一品をたいらげ、夫は自室に行ったが、
すぐに、台所に舞い戻って来た。

そして、また、同じように調理に取り掛かったのだ。
違うのは、うどんがラーメンになったことだけ。

「今、食べたばかりなのに、おなか空いてるの?」
「いや、空いてない。。。。」

日曜の深夜も、酔っ払いの料理人が登場した。
火の用心も覚束ない料理人なので、
こちらは、おちおち、寝てもいられない。

クリスマス・イブの夜も、料理人は健在だ。
ロマンチックな聖夜を夢見るトシではないが……。
せめて、今宵は、静かに過ごしたい。

また、立て続けに、カップ麺に手を伸ばしたので、
「食べたばかりでしょ」と、釘を刺してしまった。

「食べてない!!」と、夫は言い切って、
カップ麺を床に叩き付けて、自室に引き返した。

少しして、玄関でドアの開閉音がした。
夫が、外に出て行ったのだ。

寒風の中、コンビニまで酒を仕入れに行ったに違いない。
アルコール飲用のスイッチが入りっ放しだ。

私は寝床で聞き耳を立てて、夫の帰りを待った。
30分程して戻ったので、
ひと安心して、眠りについたのだが……。

丑三つ時、ドスンと落ちる大きな音で、目が覚めた。
慌てて、夫の部屋へ飛んで行くと……。

ベッドから落ちた夫が、
掛け布団に包まったまま、床に転がっていた。
眠っている様子なので、起こさず、そのままにした。

もうすぐ、年末年始の休みに入る。
酒まみれの日々が続くのかと思うと、憂鬱で眠れない。

夫は不眠を嘆くが、私だって寝不足だ。
夫も、つらいだろうが、私だって、つらい。。。。。

ちっとも、楽しくないクリスマスが、
終わろうとしていた25日の夜、
夫は、ケーキの包みを持って帰って来た。
頼んだ覚えはない。

並んだり待たされたりの買い物が嫌いな夫が、
仕事帰りに、混雑する人気のケーキ店に立ち寄り、
クリスマスケーキを買って来てくれたのだ。

P1060231.jpg

サプライズに、心が弾む。

気力が萎えそうになると、さりげなく、優しさが届く。
そして、夫を嫌いになりかかった心の波が、静まる。

家族に、アルコール依存症の人がいても、
小さな幸せは探せる。

幸せの形は、人それぞれ、違っていていいのだ。
心の持ち方次第で、不幸も幸せに変えることが出来る。
そう、自分に言い聞かせている。

布石

ほろ酔いなんて、身体が許さないのだ。

年末年始で、会社は休み。
「出勤」という足かせがなくなり、
居ても立っても居られないのだろう。

家族が寝静まった頃を見計らって、
夫は、外へ出て行く。
酒を求めて、真夜中の徘徊が止まらないのだ。

そんな夫が、
「昼は、外に食べに行こう!!」と言うので、
夫の運転で、蕎麦屋さんへ……。

年越し蕎麦を食べるには、まだ、早い時間なので、
夫は、鍋焼きうどんの「上」を注文。
親子丼を選んだ私も、つられて「上」を頼んだ。
年内食べ納めの外食と思うと、財布の紐がゆるむ。

お冷は頂いたが、熱いお茶はセルフサービスだった。
席を離れて、湯呑茶碗をふたつ持って戻ると、
夫は、中ジョッキの生ビールを飲んでいた。

夫にとって、ビールはアルコールではなく水代わり。
若い時から、そうだった。

でも、飲酒運転に厳しい世相を反映して、
昨今は、夫も自重傾向にあったのだが……。

「車なのに……、ビール。。。。」

落胆する私を見ても、夫は、少しも動じない。

砂を噛むような思いで、
「上」に奮発した親子丼を食べた。

明日は元旦、お正月だ。

P1060242.jpg

お屠蘇にかこつけて、
朝から、飲む気満々ということなのだろうか???

蕎麦屋でビールを飲み干す姿を見せつけられて……。
なんだか、
暗黙の了解で、酒の用意を促されたような???

夫に取り付いた邪気は、
簡単には、払えそうもない。。。。。
Welcome !

マウスで見る方向変えられます

カウンター
プロフィール

小吉

Author:小吉
相棒の発症のおかげで、
加減して飲むことを学習。
麦酒以外の酒をたしなむ
猫舌の呑助?です。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク